ニュース
» 2014年05月15日 16時56分 UPDATE

ACCESS、PUBLUSへ位置連動型コンテンツ配信機能を追加――特定の場所に限定したコンテンツ配布を可能に

ACCESSは、同社の電子出版ソリューション「PUBLUS」に「iBeacon」およびGPS対応の位置連動型コンテンツ配信機能をオプションとして提供開始した。

[eBook USER]

 ACCESSは5月15日、同社の電子出版ソリューション「PUBLUS」に位置連動型コンテンツ配信機能をオプションとして提供開始した。

 同機能は、自社開発の位置連動型コンテンツ配信ソリューション「ACCESS Beacon Framework(ABF)」を統合したもの。これにより屋内外での位置情報に連動したコンテンツ配信機能をオプションとして利用可能とした。ユーザーの位置情報に連動した電子出版のO2O施策やサービスに活用でき、例えばイベント会場など特定の場所に来た時のみに、「買える」「読める」「友達と共有できる」などのキャンペーンやプロモーションを実現できるようになる。

 iOS 7に標準搭載されたBLE(Bluetooth Low Energy)技術の「iBeacon」およびGPSを利用する。今夏にはAndroidにも対応予定。今回の統合により電子書籍ビューワの開発キット「PUBLUS Reader SDK」にも同様のオプション機能を拡張した。

「ACCESS Beacon Framework(ABF)」について 「ACCESS Beacon Framework(ABF)」について

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる