ニュース
» 2014年05月13日 12時00分 UPDATE

メディアドゥ、米OverDriveと戦略的業務提携――電子書籍を「買う」「借りる」推進

独占的な「OverDrive Japan事業」として展開。

[西尾泰三,eBook USER]

 電子書籍取次を手掛けるメディアドゥは5月13日、電子図書館プラットフォームの世界最大手、米OverDriveとの戦略的業務提携を発表した。両社のシステムインフラを連携し、OverDriveのシステムをベースとした日本国内での電子図書館サービス展開を本格的に推進する。

 OverDriveは公共図書館などに対して電子書籍の貸し出しサービスを提供。現在、世界36カ国で2万8000館の図書館、学校、大学に向けてサービスを提供している。両社は2012年に業務提携を発表しているが、今回はOverDriveがメディアドゥ代表取締役社長の藤田恭嗣氏から一部株式譲渡を受けるなど、資本面まで踏み込んだ提携となる。

両社の協業スキーム 両社の協業スキーム

 今回の発表はOverDriveの図書館向け電子書籍貸し出しサービスの国内展開にとどまらず、双方が出版社や著作権者から預かっているコンテンツの配信強化の側面も含む。OverDriveが預かる日本国外の100万を超えるタイトルの国内配信、そしてメディアドゥが預かる、200社を超える取引先出版社のコンテンツをOverDrive経由で海外に配信することなどが予定されている。

 学校・公立図書館向け電子書籍貸し出しサービスについては、KADOKAWA・紀伊國屋書店・講談社の3社が「日本電子図書館サービス(JDLS)」を立ち上げるなどしているが、OverDriveの本格参入によって、今年大きく動くことが予想される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる