ニュース
» 2014年05月13日 09時56分 UPDATE

女同士のコワ〜イ人間関係 失敗しないための方法とは

さまざまな環境で起こりがちな女性同士のトラブル。そんな女性同士の人間関係で失敗しないためのヒントになる書籍を紹介します。

[新刊JP]
新刊JP

 女性なら誰しも、女性同士の人間関係を面倒くさいと感じたことがあるのではないでしょうか。職場、女子会、学校、子どもの送り迎え、社宅、嫁姑……。いたるところで女性同士の人間関係は発生するものですが、やはり女性同士の付き合いは、独特の怖さがあるもの。

 そんな女性の皆さんにぜひ一読をオススメしたいのが『女子の人間関係』(水島広子/著、サンクチュアリ出版/刊)です。

 本書は、精神科医の著者が、あらゆる女性同士の人間関係のトラブルに対して、どうすれば自分を守ることができるかを解説した本。ここでは本書から、女性同士の人間関係で失敗しないための方法をお伝えしたいと思います。

ほめられたときは「そう言ってくれてありがとう」

fhfig1153.jpg コワ〜イ女同士の人間関係 失敗しないための方法とは

 女性同士で「褒め合い」になることってよくありますよね。でもこの褒め合い、女性同士の人間関係においてはちょっと気をつけた方がよさそうです。

 女性が相手のことをほめるのは「ほめることで自分を守ると同時に、相手がどんな人間か調べる」という側面があります。

 例えば、かわいい子に「かわいい」といって傲慢さを調べたり、あまりかわいくない子に「かわいい」といってみて「勘違い」度をチェックしたりするのです。従って、褒められたときの返答次第では、陰口をたたかれるなど、予想外の被害に遭ってしまうことも……。

 「かわいい」「モテるでしょ」など、相手にほめられたときは、「そう言ってくれてありがとう」「○○ちゃんって優しいね」などと返すようにするとよいでしょう。ほめてもらった内容ではなく、あくまで相手が自分にそう言ってくれたという事実に着目して、返答をすることがポイントです。

「対立」は見えていないフリをする

 「仲良しグループの中で対立ができてしまった」「仲の悪い上司の板挟みになってしまった」……あなたはそんな経験はありませんか?

 「だれが味方でだれが敵か」といったサバイバル状態は、とてもストレスフル。そんな人間関係に巻き込まれないためには、「まるで対立が見えていないかのように振る舞う」ことが何よりも有効です。

 あらぬ誤解を避けるために、対立の渦中にある人からの誘いはなるべく断るようにし、対立についてコメントしたり、陰口をきいたりすることも一切やめましょう。

 徹底して対立にはかかわらない姿勢を保つことで、あなたは「人間関係にあまり関心のない、公平な人」と見てもらえるようになるはずです。 

 いかがでしたか?

 「女の敵は女」という言葉があるように、女性同士の人間関係は難しい面があるもの。でも、同性だからこそ分かちあえる悩みがあり、同性だからこそ育める友情もまた存在するのかもしれません。

 本書を参考に、女性同士の人間関係を上手にこなしていきましょう。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2016 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる