ニュース
» 2014年05月09日 11時13分 UPDATE

第38回講談社漫画賞が決定、一般部門に『昭和元禄落語心中』

一般部門に雲田はるこさんの『昭和元禄落語心中』、少年部門に勝木光さんの『ベイビーステップ』、少女部門にタアモさんの『たいようのいえ』、児童部門に小西紀行さんの『妖怪ウォッチ』が選ばれた。

[eBook USER]

 講談社は5月8日、第38回講談社漫画賞の受賞作品を発表した。一般部門では雲田はるこさんの『昭和元禄落語心中』、少年部門では勝木光さんの『ベイビーステップ』、少女部門ではタアモさんの『たいようのいえ』、児童部門では小西紀行さんの『妖怪ウォッチ』が選ばれた。

昭和元禄落語心中ベイビーステップたいようのいえ妖怪ウォッチ 左から、昭和元禄落語心中、ベイビーステップ、たいようのいえ、妖怪ウォッチ

 同賞は1977年に設立された賞で、1960年に講談社創業50周年記念事業として設立された「講談社児童まんが賞」がその始まりとされる。

 過去には、手塚治虫さんの『ブラック・ジャック』『三つ目がとおる』(第1回 少年部門)や、大友克洋さんの『AKIRA』(第8回 一般部門)、さくらももこさんの『ちびまるこちゃん』(第13回 少女部門)、最近では、やぶのてんやさんの『イナズマイレブン』(第34回 児童部門)や、諫山創さんの『進撃の巨人』(第35回 少年部門)などが受賞している。

 選考委員は、安童夕馬さん、小林深雪さん、藤沢とおるさん、藤島康介さん、前川たけしさん、松苗あけみさん、三田紀房さんの7名。各賞の受賞者には、賞状とブロンズ像、および賞金100万円が贈られる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる