ニュース
» 2014年04月24日 16時21分 UPDATE

ヤフーとブックオフが資本・業務提携 店舗を買い取り拠点に、ヤフオクで販売

ヤフーとブックオフが資本・業務提携。「BOOKOFF」店頭での買い取り対象を拡大し、「ヤフオク!」で販売する仕組みを構築する。

[ITmedia]

 ヤフーとブックオフコーポレーションは4月24日、資本・業務提携したと発表した。「BOOKOFF」店頭で買い取った商品をオークションサイト「ヤフオク!」で販売する仕組みを構築し、ヤフオク!出品数とリユース市場の拡大を図る。

 BOOKOFF店舗の中古本販売をヤフオク!上で展開。ヤフオク!で現在約200万冊の中古本取り扱いを2016年度までに1000万冊に拡大する。また7月にBOOKOFF店舗内に買い取り受付窓口を開設し、従来の中古本やCD、ゲームソフトなどに加えアパレルや雑貨などに買い取り対象を拡大、買い取った商品はヤフオク!に出品する。

 リユース商品の出品拡大に向け、2015年度中をめどに専用拠点を開設し、店舗で買い取ってヤフオク!で販売する商品の一部を集約する。将来はフルフィルメントサービスの提供やリユース市場のB2Bマーケットプレイスとしての活用なども検討する。

 ブックオフは5月15日払い込みでヤフーを割当先とする21億7620万円の第三者割当増資を行い、77億円の新株予約権付き社債も割り当てる。ヤフーはブックオフ議決権の15.02%を取得し、新株予約権を全て行使した場合の議決権割合は合計43.22%になる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる