ニュース
» 2014年04月18日 14時27分 UPDATE

再販制度問題:中小出版社がアマゾンのポイント還元に抗議――5月より出荷停止へ

アマゾンのポイント還元サービスが再販契約に違反するという理由で、中小出版社が5月からの出荷停止を決定した。

[eBook USER]

 緑風出版、晩成書房、水声社などの出版社が、5月からアマゾンジャパンへの出荷停止をすると発表した。

 今回の決定は、アマゾンジャパンが実施している学生向け会員プログラム「Amazon Student」に対するもの。出版社は同プログラム内の「書籍の販売価格から10%をポイントで還元するサービスは事実上の大幅値引きに相当し、小売価格を維持するための再販契約違反に当たる」と主張した。

 再販契約とは、正式名称を再販売価維持制度(再販制度)といい、独占禁止法によって認められた制度。出版社が書籍や雑誌の価格を決定し、全国の読者に同一価格で提供することで、出版物の文化資産としての価値を守ることを目的としている。今回のAmazon Studentでのポイント還元は、値引き行為に当たり、同制度に違反しているというのが各出版社の意見のようだ。

 出荷停止の期間は半年で、自社の出版物がサービス適用外になれば解除するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる