ニュース
» 2014年04月09日 10時44分 UPDATE

ACCESSと東京書籍、ICT教育サービス分野の開発・事業化で協業――5つのテーマについて検討を推進

ACCESSと東京書籍が、「ICTを活用した教育サービス」と「ICT教育サービス向けオンラインプラットフォーム」の開発・事業化で協業。

[eBook USER]

 ACCESSと東京書籍は4月8日、「ICTを活用した教育サービス」と「ICT教育サービス向けオンラインプラットフォーム」の開発・事業化に向けて協業に合意。5つのテーマについて検討を進めると発表した。

 この協業の目的は、ICTと教育コンテンツを組み合わせ、各人の個性に合わせた学習を生涯にわたり支援するというもの。これまでの共同研究の範囲を拡大し、新たな教育サービスの開発・事業化に向けた検討を進めていく。今回発表となった5つのテーマは以下の通りだ。

「ICTを活用した教育サービス」の提供

 ACCESSの技術力と東京書籍のコンテンツなどを組み合わせ、教材電子化の流れに即した新たな教育サービスの企画・開発・提供を推進。サービスの実現に向け、さまざまな企業や団体との連携も視野に入れる。

「ICT教育サービス向けオンラインプラットフォーム」の構築

 ACCESSの教育向けEPUBビューア「PUBLUS Reader for Education」と、クラウド側機能を組み合わせた「ICT教育サービス向けオンラインプラットフォーム」の開発・提供を推進。学校の内外で同一プラットフォームを使うことにより、シームレスな学習環境を実現する。さまざまな企業や団体との連携も視野に入れる。

仕様のオープン化

 前記2つの活動を通じて獲得する知見のうち、標準化・共通化することが好ましい内容については、企業や団体の知見も採り入れながら仕様のオープン化を図る。

運営の母体

 教育領域に携わる、または関心のある出版社・各種サービス事業者・メーカー・システムインテグレーターなどから、本取り組みに賛同する企業や団体の参加を募るとともに、運営のための枠組み作りを進める。

海外への展開

 「ICTを活用した教育サービス」と「ICT教育サービス向けオンラインプラットフォーム」は、当初から海外展開を視野に入れて検討を進める。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる