ニュース
» 2014年04月07日 14時00分 UPDATE

雑誌に比べてコミックは約5倍長く読まれる――ビューン調査

電子雑誌・コミックの定額読み放題サービスを提供する「ビューン」が利用者のアクセスデータを調査・分析したリポートを発表した。

[西尾泰三,eBook USER]

 雑誌に比べてコミックは約5倍長く読まれる――電子雑誌・コミックの定額読み放題サービス「ビューン」を提供するビューンは4月7日、電子雑誌とコミックをユーザーがどのように利用しているかをまとめたリポートを公開した。

 ビューン利用者のアクセスデータを調査・分析したこの調査のポイントは以下の4点。

  1. 平日1日当たりの平均閲覧時間は、雑誌が18.3分、コミックが92.7分
  2. 午前6時〜10時に閲覧する割合は、コミックよりも雑誌の方が3.1%多い
  3. 午前2時〜6時に閲覧する割合は、雑誌よりもコミックの方が1.6倍多い
  4. 時間のない平日にコミックを10冊以上読む人が13.6%
tnfigv1.jpg 利用傾向サマリー。ユーザー属性などは利用者アンケート(回答2125人)に基づく(出典:ビューン)

 閲覧時間(平日)のボリュームゾーンは、雑誌が15分未満(58.7%)、コミックが2時間以上(25.7%)。休日も同様で、コミックの閲覧時間が長い傾向があることが分かる。

 時間帯別で雑誌とコミックの差が顕著なのは朝と深夜。平日・休日に関わらず、情報の鮮度の高い雑誌は朝に、ストーリーをじっくり楽しむコミックは深夜に読まれる傾向があるとしている。

 ビューンではこの結果から、雑誌は通勤時などの情報収集の一環として、記事単位で複数の雑誌を流し読みするような形で利用されており、コミックは定額で読み放題というサービスの手軽さから、シリーズで複数冊を長時間読み進めているとまとめている。

290x60_iOS_F.gif

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる