ニュース
» 2014年04月07日 11時51分 UPDATE

Nielsen BookScan、自社のベストセラーリストに操作されたデータを提供

お金を払い、自身の著書をベストセラーであるかのように仕立て上げる手法が、ベストセラーリストに混乱を与えている。

[Michael Kozlowski,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader
tnfig600.jpg

 一般的な読者が購入時の参考にするベストセラーリスト。The New York TimesはKindleやNOOKが普及するようになった2011年に電子書籍とオンライン版を含めるようになった。

 ベストセラーリストの作成に支配的な力を持つのが、大手オンライン書店からデータを収集するNielsen BookScanだ。The Wall Street Journalなど世界でもトップクラスの新聞の多くは、自社のリストにNielsenの書籍データを使用している。悲しいことに、ニールセンはオンライン書店を出自とする操作された販売データを取り扱い、世間一般の信頼を悪用している。

 Nielsen BookScanは、Amazon、Barnes & Noble、Books-a-Millionなどの企業からオンライン販売データを、大きなデパートやスーパーマーケットなど無数の非従来型の書籍販売店からオフラインの販売データを収集している。Nielsenはこうして収集した情報を凝縮し、大手新聞社など関係各位に公開し、オンライン小売業者へと戻している。

 問題の核心は、お金の力でベストセラーリストに食い込もうと、自分の本の売上高を意図的に増やすためResultSourceなどのサービスを使用する著者である。著者が数週間にわたってそれを行い、その意図的に操作されたデータをNielsenは世界中へ配信してしまっているのだ。

 シアトルの大教会で牧師を務めるマーク・ドリスコル氏は最近、The New York Timesのベストセラーリストに自分の本をリストしてもらうためマーケティング会社に20万ドル以上を支払った。このスキームには、書店で本を6000部を購入する人々を雇用し、その後一括して5000部の注文を行うことも含まれる。1000以上の異なる支払い方法が確実に利用されるように手配が行われたので、Nielsen BookScanは単一の支払いソースに至る全購入をたどれなかった。

 ビジネスコンサルタントでありスピーカーでもあるソーレン・カプラン氏は自著の『Leapfrogging』を宣伝するためにResultSourceを利用した。自分のWebサイト上でWSJの記事に反応し、リストを意図的に操作する経済性について分析している。

 定価27.95ドルで、各書籍のコストはさまざまな小売店の割引と税金、取り扱いおよび輸送のためのコストである3.99ドルを含めて合計で23.50ドルになるだろうといわれた。
The Wall Street Journalのベストセラーリスト上のポジションを確保するため、約23.50ドルで最低でも3000部、合計で約7万500ドルを読者からの売り上げとして確保する必要があった。The New York Timesのリストに掲載されるためにはこれらの数値に約3倍をかけ算する必要がある

 Amazonのベストセラー作家、ノーム・シュリーバー氏は、これらの全企業がどのように業務を行っているか基本的なレベルで説明している。「やり方は単純だ。有名書店に(割引価格ではあるが)自分の本を十分に事前注文すれば、ベストセラーリスト上で高ランク入りする。その後、コストの一部を回収するため本を再販売できる。透明性を回避するために、複数企業が異なる名前を持つ中小法人からの購入に注文を分割する。The Wall Street Journalのリスト入りを果たすのに5〜8万ドル、大御所のNYTのリスト入りを果たすのにその3倍の費用が掛かる」。

 一部の作家が金でベストセラーリストに食い込もうとしているのは非常に明白だ。書籍の売り上げはリスト入りを左右する主な要件だが、Amazonは現在、書評のようなほかの要件も利用している。トッド・ラザフォード氏は書籍をレビューするGettingBookReviews.comというWebサイトを運営していたが、価格は1レビュー当たり99.99ドル、20レビューで499ドル、50レビューで999ドルだった。ラザフォード氏は、作家の著名度を高めるためにAmazon、Barnes & Noble、ほかの書籍Webサイトに投稿した。このサービスは、300レビューを発注し引き続いてAmazonで100万部以上の電子書籍を売り上げたインディーズ作家、ジョン・ロック氏の確かな助けとなった。このWebサイトは、閉鎖前に競争上の優位性を求める著者から月2万8000ドルの売り上げを上げていた。

 Amazonのベストセラーリスト入りするには何冊の書籍を販売する必要があるだろうか。通常、トップ100入りするには、リリース後の数日以内に500〜1000部を売り上げる必要がある。作家が本当に野心的で目標がトップ5入りであれば、より多くの販売部数を得るためによりアグレッシブであることが必要だ。Amazonのトップ5タイトルは、ほかの小売企業を含め、全販売チャネルに渡って典型的な1日に平均で1094部を販売しているようだ。Amazonは米国の電子書籍市場の70%近くと紙書籍市場の30%近くを支配している。

 ベストセラーリストを悪用している作家は、前記の方法論を利用している。彼らは何がオンライン小売企業と実在書店のベストセラーを構成するか、その前提条件を理解している。Nielsenは、主にこの2者からデータを引き出しているので、それらのデータは常に誤っている。多くの作家は、出版するすべての本に「ベストセラー作家」という用語を追加でき、その肩書きのほかの作家よりも多くの注目を集めるだろう。

 金でベストセラーリストに食い込むのは合法だろうか。もちろん、代償として数十万ドルは掛かる。あなたの目標がプロの作家になることであれば、これはあなたの将来への投資といえるだろう。ほかの著者の本を喜んで買う人々が構成する現実世界での独自のボットネットを開始することでさえ良い考えかもしれない。

 いずれにせよ、ベストセラーリストの定義そのものの価値が下がっており、多くのケースで最も罪深いインディーズ作家を信頼することがますます難しくなってきている。

Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる