ニュース
» 2014年03月31日 13時27分 UPDATE

カフェと図書館の一体化、CCCの運営で海老名市の図書館が変わる

カルチュア・コンビニエンス・クラブと図書館流通センターは4月1日、共同事業体/指定管理者として海老名市立中央図書館および海老名市立有馬図書館の運営を開始する。2014年末には中央図書館を一旦閉館して改修を行う予定。

[eBook USER]

 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と図書館流通センターは4月1日、CCCを代表団体とする共同事業体/指定管理者として、神奈川県海老名市立中央図書館および海老名市立有馬図書館の運営を開始する。

 運営開始と同時に両図書館の開館時間を延長し、中央図書館については、原則年中無休で開館。また、学校図書室支援センターを有馬図書館に設置し、児童・生徒が生涯にわたって図書館を活用していけるよう、学校図書室を活発化するとしている。

 さらに、海老名市立図書館をより利用しやすい図書館とするため、2014年末には中央図書館を一旦閉館して改修を行い、2015年10月1日にリニューアルオープンする。新しい中央図書館では、コーヒーを飲みながら読書ができるような、図書館、カフェ、書店を一体利用できるLibrary&Cafeのほか、キッズライブラリーなどの導入を予定しているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる