ニュース
» 2014年03月24日 16時29分 UPDATE

バチカン図書館の人類歴史遺産文献、NTTデータによりデジタル化へ

NTTデータが、バチカン図書館に収蔵されている約8万冊の手書き文献デジタルアーカイブ事業に参画する。

[eBook USER]

 NTTデータは3月20日、バチカン図書館に収蔵されている約8万冊、約4000万ページの手書き文献のデジタル化および長期保存を目的とした事業に参画すると発表した。

バチカン図書館

 バチカン図書館は1448年に設立されてから、数々の貴重な文献を収集し110万冊以上を収蔵。そのうちマニュスクリプトと呼ばれる貴重な一点ものの手書き文献は約8万冊。厳重な保存管理下にあるが、時間の経過とともに劣化が進んでおり、いずれ読解不可能になることが危惧されている。

 NTTデータはこれまで日本の国立国会図書館でのデジタルアーカイブシステムの構築や、デジタルアーカイブサービス「AMLAD(アムラッド)」などを提供。バチカン図書館からの要望を受け、技術的検証を行った結果、同事業に本格的に参画することになったという。初期契約では、約3000冊の手書き文献を4年間、23億円かけてデジタル化する。

 デジタル化した文献は、バチカン図書館が提供するWebサイト上で高精細画像データとして公開するという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる