ニュース
» 2014年03月20日 16時30分 UPDATE

人間性が出る? NGな“はし”の使い方とは

「渡し箸」「寄せ箸」「刺し箸」……人前でやると恥ずかしいはしの使い方、していませんか?

[新刊JP]
新刊JP

 日本人の食事には欠かせないおはし。でも、あなたは自分が正しくはしを使えていると思いますか?

 知っているようで知らないはしの使い方をレクチャーしてくれるのが『箸の持ち方――人間の価値はどこで決まるのか?』(適菜収/著、フォレスト出版/刊)です。

 本書によると、「箸使いには人間性のすべてが表れる」そう。一体どういう持ち方が正しいのでしょうか。

おはしのマナー違反とは

人間性が出る? NGな“はし”の使い方とは 人間性が出る? NGな“はし”の使い方とは

 本書では、誤ったはしの持ち方が蔓延していることに警鐘を鳴らしています。おはしのマナー違反を確認してみましょう。

  • 食器の上に箸を渡す「渡し箸」
  • 箸で食器をひき寄せる「寄せ箸」
  • 箸で料理をつく「刺し箸」
  • 箸でかき分けて料理をさぐる「さぐり箸」
  • 箸先を口でなめる「ねぶり箸」
  • 箸でかき込んで食べる「かき箸」
  • 箸をつけたものを食べずに置く「空箸」
  • 箸先から汁を垂らす「涙箸」

 などなど。ほかにも口に入れたものを押し込む「込み箸」、ご飯の上に突き立てる「突き立て箸」、骨越しに下の魚を食べる「すかし箸」など、挙げればきりがありません。


正しい箸の扱い方

 では、正しいはしの扱い方とはどのようなものでしょうか。

 それはズバリ、科学的にみても、食べ物を正確につまんだり、落とさないで口まで持っていったりすることができる「合理的」な使い方。伝統的なおはしの持ち方は、実はもっとも合理的な持ち方だといいます。

  • はしの持ち方
    1. 一方のはしを鉛筆と同じように持つ
    2. 薬指と親指の間にもう一本のはしを通して固定する
※動かすときは下のはしは動かさずに、鉛筆のように持つ部分を動かします
  • はしの取り方
    1. はしを右手で持ち上げる
    2. 左手をはしの下に添えて支える
    3. 右手を右側に滑らせながら返して持つ
  • はしの置き方
    1. 左手をはしの下に添えたら、右手をはしの右上まで滑らせる
    2. 左手を離す
    3. 右手で箸置きに静かに置く

 ちょっとした会合などの席で、おはしが正しく使えるとかっこいいですよね。おはしを正しく持って、ステキな大人を目指しましょう。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2017 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる