ニュース
» 2014年03月18日 15時00分 UPDATE

国産第1号電卓の発売から半世紀、GALAPAGOS STOREに復刻カタログ登場

シャープが国産第1号となる電卓(電子式卓上計算機)を発売して50年。GALAPAGOS STOREでおなじみの“復刻カタログ”が公開された。これは懐かしい。

[eBook USER]

 今から半世紀前の1964年3月18日。シャープが発表したオールトランジスタ電卓「CS-10A」は国産第1号となる電卓(電子式卓上計算機)だった。同社は今日に至るまで、累計約7億台の電卓を生産、電卓の開発・製品化で採用した液晶、半導体、太陽電池などのデバイスは、今日の同社の主力事業に成長している。

 国産第一号電卓の発売から50年周年を祝し、GALAPAGOS STOREでおなじみの“復刻カタログ”が2冊公開された。同ストアの復刻カタログといえばこれまで、X68000 XVI、Zaurus、『それ行け!X1』など当時の貴重なカタログなどを電子化、無料配信しファンを喜ばせている。

シャープ電卓総合カタログ 1978年3月
シャープ電卓総合カタログ 1981年10月

 今回公開されたのは、「ボタン戦争は終わった」というキャッチコピーでカード型電卓が登場した1978年、太陽電池付き電卓が登場したころの1981年の電卓総合カタログ。1978年のカタログでは、後のX1やX68000などのパーソナルコンピュータ系への礎となるポケコンが、1981年のカタログでは、翻訳機付き電卓や音のなる電卓や読み上げ電卓、そして有名なそろばん付き電卓などの多機能電卓が登場している。

 またGALAPAGOS STOREでは3月20日13:00まで、1冊ご購入ごと(300円以上の全商品が対象)に50ポイントを還元するキャンペーンも併せて実施。加えてシャープもこの夏以降に発売予定の新製品のデザイン投票を実施している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる