ニュース
» 2014年03月13日 12時26分 UPDATE

これはすごい! 文房具屋さんが選ぶ「2014年最高の文房具」とは?

今年2年目となる「文房具屋さん大賞」。2014年の受賞作が発表されました。

[新刊JP]
新刊JP

 昨年から始まり、今回で2回目となる「文房具屋さん大賞」は、世の中で最も価値のある文房具を選定する賞だ。

fhfig1001.jpg これはすごい! 文房具屋さんが選ぶ「2014年最高の文房具 」とは?

 審査員となるのは文房具のプロフェッショナルである「文房具屋さん」たち。デザイン、機能、コストパフォーマンス、文房具界への貢献度、審査員の嗜好(しこう)にポイントをつけて集計し、選出する。

 昨年はパイロットのボールペン「フリクションボールスリム」が大賞を受賞したが、今年はどのような結果になったのだろうか。ムック『文房具屋さん大賞2014』(扶桑社/刊)で大々的に発表されているので、見てみよう。

大賞

fhfig1001-2.jpg ハリナックス

 2014年の大賞に輝いたのはコクヨS&Tの「ハリナックス」だ。

 「ホッチキス」から「ステープラ」へ。「とじる」の概念を変えたステープラの新型である「ハリナックス」が、昨年度の大賞となった「フリクション」シリーズの新作を抑えての大賞受賞となった。

新人賞

fhfig1001-3.jpg フリクションいろえんぴつ12色セット

 続いて、新人賞を受賞した文房具は、パイロットの「フリクションいろえんぴつ12色セット」。

 「消えるボールペン」として瞬く間に定番化した「フリクション」シリーズの新ラインアップが新人賞だ。これまで困難とされていた、こすると透明色になるフリクションインキの固形化に成功した。大賞の座こそ譲ったが、「フリクション」シリーズは更なる進化を続け、今も人気を博している。

部門賞

 ほかにも「書く部門」「切る・測る部門」「とどめるる部門」「つける部門」など、部門ごとに、ノミネートアイテムの中からそれぞれ部門賞が決定。ここではその中から気になる文房具を幾つか紹介していこう。

  • 書く部門賞 ボールペン賞受賞「ジェットストリーム4&1」(三菱鉛筆)

 従来品に比べて筆記抵抗を3〜4割削減したジェットストリームインク。その滑らかな書き味は、今やボールペンの定番といえるだろう。ジェットストリーム4&1は、ジェットストリームのボールペン4色に加え、シャープペンも搭載。多様なシチュエーションに対応する。

 スタイリッシュな外観は、ビジネスマンに向けて開発されたという。機能性に加え、見た目にもこだわっているボールペンだ。

  • 切る・測る部門 ハサミ賞受賞「エアロフィット サクサ」(コクヨS&T)

 刃先にかけて、刃の角度を徐々に広げた「ハイブリットアーチ刃」が、理想的な切れ味を実現している。新開発のエアークッションハンドルは、内部にも空洞を設けた柔軟な樹脂層が指にかかる力を分散。段ボールなどの厚い紙も軽々切ることができる優れモノだ。

  • つける部門 のり賞受賞「消えいろPiT」(トンボ鉛筆)

 のり自体に青い色がついているので、塗ったところがひと目で分かり、乾けば色は消える。接着力は強力で、一般紙から厚紙まで幅広く利用できるため、愛用者も多いのではないだろうか。

 文房具はメーカーの努力によって日々進化し、洗練されている。今回受賞した文房具の中に、使ってみたいと思うものがきっとあるはず。文房具は毎日使う日用品。お気に入りの文房具を使うことは、仕事や勉強の効率化や楽しみにもつながるだろう。

 なお、「文房具屋さん大賞2014」の大賞、新人賞、各部門賞についてのより 詳しい情報は、こちらの「文房具屋さん大賞」公式サイト( http://www.fusosha.co.jp/special/bunbougu )でも確認できる。

(新刊JP編集部)

「文房具屋さん大賞」公式サイト

http://www.fusosha.co.jp/special/bunbougu

Copyright(c) 2016 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる