ニュース
» 2014年03月13日 12時12分 UPDATE

あのブロガーはどうして“炎上”を恐れないのか?

軽率な一言が原因で「炎上」してしまう昨今のソーシャルメディア。そんななかで、あえて「炎上」を恐れないというプロブロガー、イケダハヤト氏の真意とは? 氏の著書からその考え方を紹介します。

[新刊JP]
新刊JP

 ブログやTwitterなどで、芸能人や政治家が軽率な発言をして、インターネット上で炎上する。さらには、一般人がFacebookやTwitterなどに自らの愚行を晒した画像を投稿して炎上する。

fhfig1000.jpg あのブロガーはどうして“炎上”を恐れないのか?

 炎上したのがきっかけで、有名人なら名前が売れる場合もあるが、その人がいままで築いてきた地位を失ったり、お店が閉店しまうという事態も起こっている。一般的に「炎上」はネット上で膨大な人々からの誹謗中傷の的であり、怖いものであるはずだ。

 しかし、「みんなもっと炎上しようぜ!」といい、炎上することを提唱している“プロブロガー”がいる。

 そのプロブロガーが『なぜ僕は「炎上」を恐れないのか』(光文社/刊)の著者であるイケダハヤト氏だ。本書では、容姿や能力に自信が持てず、人一倍シャイで臆病だったイケダ氏が、「炎上」や「他人とのあつれき」を覚悟を持って恐れなくなった過程を記している。そして、多くの「炎上」を乗り越えてきた経験から「他人の目を気にすることなく、自分自身を持ってふるまう」「集団の中で、言いたいことを言う」方法を紹介する。

 炎上はなるべくしたくないもの。しかし、幾度も炎上を経験しているイケダ氏は、心の構え方次第では微細な悪意の集合体を自分の「エネルギー」に変えることができると語る。

 実際、炎上すると、公衆の面前にはりつけにされたような感覚になるとも言う。こういった苦しい経験を何度もする中で、イケダ氏は次第に「炎上って、解釈を変えれば、自分のエネルギーに変えることができるんじゃないか?」と考えるようになる。意外にも炎上するといいことがあると分かったのだ。

 「本音を語って炎上すること」は、本当に悪いことなのか――イケダ氏はそうではないということに気づいたのだ。

 本当のことを言って、周囲の人が離れていったり、「生意気な奴だ」と攻撃される。これは決して悪いことではない。職場やネット上でそういう存在であると思われるのは、「他人とは違う、オリジナルな存在」であるということ。本音を発信して、その結果、周囲の人々と摩擦が起きる。その瞬間に「人と同じことしかできない人」から脱皮することに成功していると考えるのである。つまり、他人との摩擦が一皮むけるチャンスともなるのだ。他人との摩擦を恐れずに本音を吐くことができる人間だとしたら、それは大多数の人とは違う「貴重な存在」であり、抜きん出る力を持っていることを自覚していいのだと、イケダ氏は主張する。

 人とのあつれきを生むかもしれないから、間違ったことを言えない。嫌なものも嫌だといえない。その場の和を大事にする日本人の良いところでもあり、欠点とも言える。

 このイケダ氏の炎上に対する考え方にも賛否両論あがるだろう。しかし、何を言われても、イケダ氏は自分の本音で語ることをやめないはずだ。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2016 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる