コラム
» 2014年03月06日 14時38分 UPDATE

Barnes & Noble、NOOKで10億ドル以上の損失

米国最大の書店Barnes & Nobleに明るいニュースはやってくるのだろうか。

[Michael Kozlowski,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader
tnfig588.jpg

 Barnes & Nobleは、危機的状況にあるNOOK Media部門に関していえば、転換期にある企業といえる。過去2カ月で、同社は電子書籍担当副社長ジム・ヒルト氏、電子製品担当部長ジェイミー・イアノン氏、電子製品担当副社長ビル・セイパースタイン氏の退任を発表した。このほかにもアクセサリー担当部長とほとんどのハードウェア開発者を含む多くの人びとが同社を去っている。経営陣が同社を去った大きな理由は第一にNOOK Mediaが2010年以来10億ドル以上の損失を出したという事実による。

 Barnes & Nobleは自社の決算発表に関してかなり透明性が高く、投資家向け電話会議と財務諸表ですべてを開示している。通常、年度末リポートは毎年4月に開示されており、何らかの暗いニュースが発表されている。

 同社は2011年に2億900万ドル、2012年に2億6100万ドルの損失を出し、2013年の損失は4億7500万ドルに増加した。2013年7月27日の四半期末に注目すると、5500万ドルの損失をリポートしており、2013年10月26日にNOOKは4500万ドルの損失を出した。この数字をすべて足し合わせると、10億ドルを超える。

 Barnes & Nobleのハードウェアが製造過剰で、販売が追い付いていないのは痛いほどに明らかだ。この状況は在庫を動かすためだけに設定された劇的な価格の下落につながった。同社がここ数年でリリースしたどの電子書籍リーダーも、同社初のタブレット「NOOK Color」や同社の第1・2世代の電子書籍リーダーとほとんど同程度に売れなかったことに関して経営陣は確実に非難されるべきだろう。

 Amazon.com、Apple、KoboはBarnes & Nobleがデバイス製造を開始したころとほとんど同時期に電子書籍リーダー・タブレット領域に進出している。これらの企業はいずれも大きな収益を上げており、赤字となった四半期はほとんどない。なぜだろうか。ライバル企業から経営陣を引き抜いており、リーダーシップに優れているからだ。リリースしている製品とそのマーケティングを見ればこれは明らかだ。Barnes & NobleのセクシーなテレビCMを見たことがあるといえるだろうか。

 どうすれば一企業が10億ドルの損失を出し、それでもなお事業を継続していられるのか筆者には分からない。小売企業のモデルとなっている米国最大の書店がこれほどのトラブルに見舞われるのは理解できないのだ。

 状況を打開するべく、Barnes & Nobleは電子書籍関連のスタッフを率いるマーケティング担当副社長にダグ・カールソン氏を指名している。外部から人材を雇用し、新鮮なアイデアを持ち込ませるという考え方がそこには見て取れる。ただし、誰がグループを率いるにしても、そのグループを構成するスタッフが変わるわけではない。

Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる