ニュース
» 2014年03月06日 11時11分 UPDATE

線の繋がっていない電話が伝える 会えない人への想い

東日本大震災で大切な人や物をなくしてしまった人の心を癒やしたいと、ガーデンデザイナーの佐々木格さんが自宅の庭に置いた「風の電話ボックス」。その実話を元に描かれた絵本を紹介します。

[新刊JP]
新刊JP

 「風の電話ボックス」というのをご存じだろうか。

 岩手県大槌町に、電話線のつながっていない電話ボックスが置いてある。その中には一台の黒電話が置いてあり、横にはこう書かれている。

風の電話は心で話します
静かに目を閉じ、耳を澄ませてください
風の音が又は浪の音が或いは小鳥のさえずりが
聞こえたなら あなたの想いを伝えてください

 日本各地に甚大な被害をもたらした東日本大震災。大槌町もまた被害が大きかった町の1つだ。大槌町の海を望む高台にある「風の電話ボックス」は、ガーデンデザイナーの佐々木格さんが自宅の庭に置いたもので、震災前から考えていたものではあるが、心の復興のきっかけになればと思い、震災後に実現させたのだという。

fhfig982.jpg 線の繋がっていない電話が伝える 会えない人への想い

 この電話ボックスはメディアで紹介され、インターネット上でも話題となった。そして、この風の電話をもとに作られたのが『かぜのでんわ』(いもとようこ/作・絵、金の星社/刊)だ。

 

 山の上に置かれた1台の電話。電話線はつながっていないが、いつもぴかぴかに磨かれている。たぬきのぼうや、うさぎのおかあさん、きつねのおとうさん、ねこさん。もう会えなくなった人に想いを伝えるために電話を訪れる。

 ある寒い夜のこと。この電話を置いたくまのおじいさんは、電話線がつながっていないはずの電話が「リーン リーン」と鳴っているのに気付く。電話の置いてある山に登っていくと……。

 「あまりにも突然、多くの命が奪われた。せめてひとこと、最後に話したかった人がたくさんいるはず。そして今回の震災だけでなく、会えなくなった人につたえたい想いを持っている人は多いと思います。どなたでもいらしてください」と、佐々木さんは話す。

 亡くなってしまった方への想いを伝えることができる。亡くなった方をひとりでゆっくりと思うことができる場所。この絵本には、そんな場所を実現してくれた佐々木さんの人間味の暖かさも詰まっているのだ。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2016 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる