ニュース
» 2014年03月04日 12時16分 UPDATE

10分で分かる自分の強みとウィークポイント

新しい出会いや、自分を見つめのす転機となるこの季節。自分でも気付かなかった特徴や、パートナーの得意・不得意の分野が分かるテストを掲載する書籍を紹介します。

[新刊JP]
新刊JP

 「どうしてあの人は、あんなに人の顔と名前を覚えられるんだろう?」「取引先の○○さんは今日も話が長いなあ……要点だけ書いてくれればいいのに」「英語の勉強、単語は覚えられるのにヒアリングが苦手」

fhfig975.jpg 10分で分かる自分の強みとウィークポイント

 会社や学校で、自分と人との習熟度の違いや、コミュニケーションのやりづらさを感じること、ありませんか? これは、人それぞれ得意なインプット、アウトプット方法があることと関係しています。

 『あなたの才能が10分で分かる40問テスト』(本田真美/著、自由国民社/刊)は、そんな“人それぞれの向き、不向き”が分かる本。これが分かれば、自分にとって効率のいい方法で知識を吸収したり、得意な方法で人に伝えたりすることができます。

普段の行動や子ども時代を振り返ってみると……

 テストの内容は、ごく簡単。例えば、

問.初対面の人を覚えるときのポイントは何ですか?

A.顔や雰囲気で覚える

B.名刺の文字で覚える

C.名前の響きから覚える

問.はじめて聞いた曲をすぐに口ずさめますか?

A.どんな曲でも、途中からでも、メロディを口ずさめる

B.簡単な曲、あるいはサビの部分ならメロディを口ずさめる

C.まったく口ずさめない

問.あなたの1番古い記憶はいつのものですか?

A.3歳以前の記憶が幾つかある

B.4歳以降の記憶が最も古い

C.最近の記憶しか思い浮かばない

 といった具合。40個の質問に答えて採点をすると、6つのカテゴリにそれぞれ点が入ります。そのうち最も点数が高いカテゴリが、自分の特徴を一番強く表しているタイプです。

あるある? 意外? 本当の自分って?

 各タイプの「こんな人」像を見てみると……

  • 印象深い出来事は、その瞬間をカラー写真のように思い出せる
  • マンションの間取りを見ただけで、その場にいる気分にひたれる
  • うそをつくこともアリ、と思う
  • 口ゲンカは強い
  • 家具を組み立てるときは、まずは取扱説明書を読む
  • カラオケに行ったとき、ハモるのがうまい

といった行動パターンがズラリ。「あるある」と思わずうなずいてしまうものもあれば、自分では意識していない一面を発見することになるかもしれません。

自分だけじゃない、他人も分かる

 そして、このテストの大きなメリットがもう1つ。自分の得意・不得意が分かるのはもちろん、家族や友人、同僚と一緒にテストをすれば、相手の得意な受け止め方や、不得意な情報発信の仕方が分かります。互いに理解が深まり、「どうして分かってくれないんだろう」「どうしてあんなに分かりづらいやり方をするんだろう」とイライラすることは、ぐっと減るでしょう。あなたの周りの人たちをより身近に、大切に感じられるきっかけになるかもしれません。

 もうすぐ、春。新しい人と出会い、新しいことを始めたくなる季節がやってきます。あらかじめ自分の強み、弱みを知っておけば、勉強や仕事の効率アップに、周りの人との意思疎通に、よりスムーズな新生活が送れること間違いなしです。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2017 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる