ニュース
» 2014年02月27日 12時36分 UPDATE

Barnes & Noble、NOOKで大規模な組織変更

ここ最近のBarnes & Noble関連のニュースには明るい話題が少ない。幾つかの施策は、立て直しを図る同社の未来を予見させる。

[Michael Kozlowski,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader
tnfig582.jpg

 ある情報源によると、Barnes & Nobleは2月初旬、ハードウェア・エンジニアリング部門のほとんどの人員を解雇したという。同時期には、NOOKアクセサリー担当のジャクリーヌ・コルソ氏も解雇された。

 同社は1月にもハードウェア担当副社長のビル・セイパースタイン氏を解雇している。同社の新CEOとなったマイケル・ヒューズビー氏の下、経営上層部の再構成のために掃討計画を実施しているようにも見える。

 Barnes & Nobleの電子書籍リーダーとタブレットのポートフォリオは2013年の各四半期に累積損失を計上していた。同社のハードウェア部門全体の売り上げを1年前と比較すると、32.2%落ち込んでいる。

 NOOKの経営陣のほとんどはBarnes & Nobleの人員を削減すべきと述べていた。前CEOのウィリアム・リンチ氏が最後に発表したものの1つにハードウェア製造からの撤退があるが、その後同社のスタンスは一転、電子書籍リーダーの製造を継続する意向が示されている。

 Barnes & Nobleは今、NOOK Studyを拡大しており、プログラム全体が改変されつつある。Microsoftからロジャー・ビショフ氏を引き抜き、エンジニアリング・マネジャーに据えた。ビショフ氏はNOOK Education事業全体を率いることになる。Barnes & Nobleの大学書店チェーンは秋にもその事業の宣伝を開始するのではないだろうか。

 Barnes & Noble教育部門の新規雇用者の多くはシアトル地区に拠点を持っている。同社は積極的にレドモンドで働く志望者への求人を行っており、Microsoftがプログラム全体で演じる役割を強く示唆するものとなっている。

 Barnes & Nobleのプログラムのほとんどが危機に直面している。同社のアプリマーケットはあいまいなままGoogle Playに吸収され、自主出版プラットフォームNOOK Pressは昨年の立ち上げ以来、新たな発表を行っていない。

Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる