ニュース
» 2014年02月26日 13時00分 UPDATE

Koboのグローバルコンテンツ売り上げ、急速に成長

グローバルで大きな成長を続けるKobo。新たなCEOとなった相木孝仁氏がKoboをどのような方向に導いていくかも注目されている。

[Michael Kozlowski,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader
tnfig584.jpg

 Koboは同社の電子書籍リーダーと電子書籍エコシステムとともにグローバルで大きな成長を遂げている。楽天の子会社であるKoboの2013年第4四半期の売り上げは前年比44%の成長を見せ、オンラインの顧客ベースも2012年の1200万人から1800万人へと劇的に増大した。

 Koboが採用するグローバル戦略はより多くの国々でより多くのユーザーが同サービスから電子書籍を購入するにつれて成功しつつある。カナダに拠点を構える同社のサービスは190カ国で利用でき、ライブラリーには500万タイトルをリストしている。

 楽天が2011年にKoboを買収した際、経営陣の変更に関する不吉な予兆があった。これは西欧人をCEOあるいは経営層には迎えない日本文化によるところが大きい。数週間前、マイケル・サービニス氏はKoboのCEOを退任し、相木孝仁氏がその職を引き継いだ。

 相木氏は基本的にはターンアラウンドのスペシャリストで、企業の収入源増大を担当している。Koboの最近の有価証券報告書によると、相木氏はフュージョン・コミュニケーションズ株式会社の代表取締役社長を務めていた。相木氏はフュージョン・コミュニケーションズ株式会社を再生させ、同社は数年後に1200万ドルの売り上げを残すまでになった。Koboは収益を上げている企業だが、中国・ロシア・米国など主要市場でのチャンスを逃している。

Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる