ニュース
» 2014年02月18日 11時00分 UPDATE

幸運を引き寄せる3つの考え方

実業家として成功を収めている著者2人が語る、幸運、幸福、成功を手に入れるための心構えや考え方が記された書籍『百発百中』。今回は本書から、幸運を引き寄せるための3つのポイントを紹介します。

[新刊JP]
新刊JP

 幸せだと感じられるかどうかは、結局のところ気の持ちようだといわれます。同様に、自分を幸運だと思うか、不運だと思うかもその人の気持ち一つです。

 『百発百中』(斎藤一人、柴村恵美子/著、サンマーク出版/刊)は、何かを思い続けているとやがて現実になるという「引き寄せの法則」から、幸運を引き寄せる考え方と、不運を招いてしまう考え方を教えてくれます。

失敗したときは「自分が未熟なせいだ」

fhfig934.jpg 幸運を引き寄せる 3つの考え方

 わたしたちは誰もが失敗したり、間違いを犯したりします。それ自体は仕方のないことですが、問題はどんな風にその失敗や間違いをとらえるか。

 周りの人の悪口を言ったり、他人を責めてしまう人は、幸運を引き寄せることはできません。また「わたしはバカだから失敗したんだ」といって間違いを修正しようとしない人のところにも幸運はやってこないでしょう。

 これに対して、幸運を引き寄せ、成功できる人は「自分が未熟だから失敗した」と考え、成長の糧にしようとします。間違えや失敗に対して「次からやらなきゃいい」と切り替えて、次に同じ失敗をしないように考えることが大切なのです。

小我と大我の違いとは

 自分のことを「我」と言いますが、「我」には2種類あります。

 1つは「小我」で、自分勝手で利己的な我。「我が強い」という言葉の我はこの「小我」のことを指します。

 そして「大我」は、みんなの幸せを考える我です。決して「わたしはいいからみんなが幸せになって」という自己犠牲ではなく、「自分も含めたみんな」が誰も犠牲になることなく幸せになるように願うのが「大我」の特徴。

 幸運を引き寄せるのがどちらかは、もちろん分かりますよね。

引き寄せたものを自問自答してみる

 今、あなたの身に起こっていることは、すべてあなたを映す鏡であって、あなた自身が引き寄せたものにほかなりません。だからこそ、自分を振り返って、どんなものを引き寄せたのか考えてみることも大切です。

 それがいいものなら、あなたのやっていることは間違っていません。しかし、「これ、イヤだなぁ」というものがあるなら、それは「何かまちがっているよ」という神様からのメッセージ。もう一度自分を振り返り「起こったことを他人や環境のせいにしていないか」「小我になっていないか」を確かめましょう。

 幸運も幸福も考え方次第。本書には、実業家として大成功を収めている著者2人が語る、幸運、幸福、成功を手に入れるための心構えや考え方が、素朴で分かりやすい言葉を使って書かれています。

 どんな人にでも当てはまることなので、最近物事がうまくいかない人、空回りしがちな人は、これを機に普段の振る舞いと考え方を見直してみるといいかもしれません。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2017 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる