ニュース
» 2014年02月04日 11時05分 UPDATE

「不安」や「孤独」をなくす自分の愛し方

だれもが持つ「不安」や「孤独」はどうすればなくすことができるのでしょうか。ソウル・セラピストの上田佳穂さんの著書『魂を浄化するソウル・セラピー』から紹介します。

[新刊JP]
新刊JP

 「人から嫌われたくない」「悪いことが起きないか心配」「いつもネガティブに物事を考えてしまう」……日々の生活の中には、「不安」や「孤独」は必ずあるもの。どんなに満たされていても、不安や孤独から完全に逃れることはできないはずです。そして、その「不安」や「孤独」はストレスとなってわたしたちに襲いかかってきます。

 では、「不安」や「孤独」をなくすにはどうすればいいのでしょうか。

 ソウル・セラピストの上田佳穂さんが書いた『魂を浄化するソウル・セラピー』(マイナビ/刊)を参考にすると、覚えておきたいポイントは以下の3つ。

  • 魂はネガティブな思いによって覆われてしまう
  • その想いを溶かす(魂を浄化する)ことで、「不安」や「孤独」は消えていく
  • 想いを溶かすには、自分を愛することが大切

 では、もっと具体的にみていきましょう。

魂はネガティブな想いから

 “魂の浄化”とはそもそもなんなのでしょうか。

 わたしたちはそれぞれ「魂」を持っています。その「魂」はおのおのの成長を見守り、導いてくれるものです。いつも光り輝き、わたしたちを照らしてくれる「魂」ですが、時に魂に覆いがかぶさってしまうと、不安に襲われたり、ストレスを感じたりするようになります。

 その覆いとなるのが「想い」です。「悲しい」「悔しい」「許せない」「うらやましい」などのネガティブな想念のことで、いつの間にか光り輝く魂は埋もれてしまうのです。

自分のことが嫌いでも、否定をしないこと

fhfig897.jpg 「不安」や「孤独」をなくす自分の愛し方

 本書では、想いを溶かすための具体的な方法が書かれていますが、その方法を実践する前にやらなければいけないことは、自分と向き合うということ。

 自分のことが嫌いだという思いを抱えたままだと、魂の輝きはどんどん小さくなっていきます。ですが、そう簡単に自分を好きになることはできません。だからまずは自分を丸ごと否定しないところからはじめてみてはいかがでしょうか。自分の嫌なところが目についても、自分を否定しない。ダメだから直すのではなく、ダメでも受け入れることが大事なのです。

 「ありのままの自分を隠さない」「物事をコントロールしようとしない」など、本書にはさまざまな「想い」を溶かすための方法が紹介されています。そしてそのカギとなるのが、「愛しています」「ありがとう」「ごめんなさい」「許します」という4つの言葉を使うことです。

 誰しも他人と比較して焦ったり、妬んだり、羨んだりすることがあります。しかし、そうしたものが、自分が自分らしく生きるための足かせになってしまっていることに気付くべきです。

 自分自身と向き合いたいと思ったら、本書を開いてみてはいかがでしょうか。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2017 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる