特集
» 2014年01月29日 14時30分 UPDATE

電子書籍端末ショーケース:NOOK HD+――Barnes & Noble

古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。ここでは、米書店大手Barnes & Nobleの9インチタブレット「NOOK HD+」を紹介する。

[山口真弘,eBook USER]

製品概要

 米書店大手Barnes & Nobleのカラータブレット。電子書籍の閲覧のほか、音楽や動画の再生、Webアクセス、ゲームアプリなどが利用できるマルチメディア端末で、AmazonのKindle Fire HD 8.9のライバル製品と目される。筐体デザインはNOOK Tabletに似た、本体左下に穴が開いたタブのあるNOOK独特のデザイン。画面サイズは9インチ。

 購入時点でYouTubeやGoogle Maps、Gmailなどのアプリケーションがプリインストールされているほか、同社が運営するアプリストアからのダウンロードも可能。このほか、2013年春のアップデートでGoogle Playが利用可能になり、同ストアを通じてAndroidアプリが自由にインストールできるようになった。Androidのバージョンは4.0.4。

 ラインアップはWi-Fiモデルのみ。そのほかの「NOOK」シリーズと同様に日本では未発売で、無線機能を国内でそのまま使うと技適マークがないことから電波法違反に当たる点は注意。

スペックで見る「NOOK HD+」

メーカー Barnes & Noble
国内発売時期 未発売
発売時価格 269ドル
専用/汎用 汎用
OS Android
OSバージョン 4.0.4
サイズ(※最厚部) 162.8(幅)×240.3(奥行き)×11.4(高さ)ミリ
重量 約515グラム
解像度 1280×1920ドット
ディスプレイ 液晶
カラー/白黒 カラー
画面サイズ 9インチ
通信方式 802.11 b/g/n
Bluetooth 2.0
内蔵ストレージ 16Gバイト(ユーザー利用可能領域は13Gバイト)、32Gバイト(ユーザー利用可能領域は28Gバイト)
メモリカードスロット microSD
バッテリー持続時間(メーカー公称値) 10時間(読書時)
タッチ操作 対応
対応フォーマット EPUB、PDF、CBZ、TXT、RTF、DOC、DOCX、ZIP、JPEG、GIF、PNG、BMP(その他アプリに依存)
コネクタ 独自形式(30ピン、HDMI互換)
電子書籍ストア Barnes & Noble eBookstore
その他 海外での発売は2012年10月
最終更新日:2014年1月29日

写真で見る「NOOK HD+」

右60度傾斜外観 本体色はやや濃いグレー。NOOK HDのSnow(白)に当たるモデルは用意されない
本体を持った写真 外観はNOOK ColorやNOOK Tabletに通ずる、本体左下に穴が開いたタブのあるNOOK独特のデザイン。重量は約515グラムと、同時期に販売されていたKindle Fire HD 8.9に比べると52グラムほど軽い
CDとの比較 画面サイズは9インチ

単体正面 正面。左下部の穴が開いたようなデザインが特徴的。画面下部にはNOOKシリーズ伝統のホームボタンを備える
左側面 左側面。特にボタン類はない
右側面 右側面。電源ボタンを備える

上面 上面。イヤフォンジャックコネクタと音量調整ボタンを備える
底面 底面。AppleのDockコネクタに似た独自規格の30ピンコネクタを中央に備える。左はmicroSDスロット
裏面 背面。下部にスピーカーを備える。ラバー塗装ですべりにくく、指紋もつきにくい

メイン画面 ホーム画面。ホーム画面。AndroidベースだがUIはカスタマイズされており、面影はほとんどない。アプリやコンテンツのショートカットを左右スクロールでめくる仕様はKindle Fireファミリーにも通ずるものがある
コンテンツ表示画面 アプリ一覧。Google Playからアプリをインストールできる。日本語のメニュー表示には非対応
tnfignhp023.jpg 本の一覧を表示したところ。microSD内のPDFコンテンツはここには表示されず、ライブラリ画面の「My Items」から呼び出す

tnfignhp024.jpg コンテンツを表示したところ。タップもしくはフリックでページめくりを行う
tnfignhp025.jpg 文字サイズや余白、行間隔、フォントの種類や背景色などの細かいカスタマイズが可能
tnfignhp026.jpg 標準のビューワでPDFの漫画コンテンツを表示したところ。画面中央をタップするとサムネイルなどのメニューが表示可能。ただし右綴じには対応しないので、外部アプリを用いたほうがよいだろう

tnfignhp027.jpg 目次も表示可能だが、日本語フォントを内蔵しないため、漢字の一部は中華フォントとなる
tnfignhp028.jpg プリインストールされているOffice Suiteを用い、青空文庫のテキストファイルを表示したところ。日本語は表示可能だが、こちらも漢字の一部は中華フォントとなる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる