ニュース
» 2014年01月28日 10時50分 UPDATE

日本人に親しまれる「とんかつ」誕生の物語とは?

日本の食卓に馴染み深い「とんかつ」。そんなとんかつ誕生の秘密を紹介します。

[新刊JP]
新刊JP

 今日のお昼ご飯は何を食べようか? と悩むのはサラリーマンの日常の楽しみの1つだ。その中で、がっつり食べたいというときに、「とんかつ」が候補に上がることも多いのではないだろうか。

fhfig888.jpg 日本人に親しまれる「とんかつ」誕生の物語とは?

 『とことん!―とんかつ道』(今柊二/著、中央公論新社/刊)では、定食評論家の今柊二氏が食べ歩いて得た古今東西のトンカツ事情を紹介する。

 そもそも「カツ」の発祥とは、どのようなものだったのか。明治以降、近代国家として発展していくと同時に、日本には西洋諸国からさまざまな文化がもたらされた。

 食文化もその中の1つで、このころから西洋料理を提供する料理店が営業を始めた。「カツ」に関しては、1872年に出版された『西洋料理通』にカツレツの素となる料理形態として、「ポールクコットレッツ」という名で紹介された。

 ただ、この「ポールクコットレッツ」は揚げ物ではなく、ポークソテーに近い食べ物だ。フランス語でコートレッツ、英語でカットレットが、いつしか言いやすい「カツレツ」になったという説が有力とされている。

 このコートレッツ・カットレットを日本式のカツレツにまず変化させた店が、今も続く銀座の「煉瓦亭」だ。この店の料理はおいしいと評判で、西洋人ばかりか日本人にも人気で繁盛し始めたため、素早く料理する必要があった。

 もともとコートレッツは、豚肉をソテーして1枚1枚オーブンに入れて仕上げる料理だったが、それを日本の天ぷら風に揚げてみたらどうかという発想になった。揚げるときはサラダオイルに豚肉のラードを少し混ぜたら味が出て香ばしいということも分かった。さらに、付け合わせの温野菜も千切りキャベツにかえてみると、手間も省けて、さっぱりしている。ソースは最初ドミグラスソースを使っていたが、ややくどいので、明治屋から出ていたウイスターソースをかけると、さっぱりしていることも分かった。

 洋食にはパンをつけていたが、客は白いご飯が食べたい。賄い用でいいから欲しいといわれ、それを皿に載せて出すことが定着していった。このようにして、千切りキャベツつきのポークカツレツ、ライスつきの形態が煉瓦亭で登場したという。

 その後、ポークカツレツはとんかつと呼ばれるようになり、浅草・上野などで愛される食べ物となった。昭和初期には都会の家庭の惣菜になるほど広く親しまれることになる。

 とんかつの歴史のほかにも、今氏が食べ歩いた有名店や街の定食屋、チェーン店など、さまざまなとんかつを食べることができる店を紹介している。

 とんかつ定食の発祥となった店やカツカレーの発祥となった店で、歴史を感じながらとんかつをいただくのもまた、とんかつ好きには感慨深いものがあるのではないだろうか。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2017 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる