ニュース
» 2013年12月19日 12時13分 UPDATE

日本と韓国がもめて得する国とは?

憲政史研究者の倉山満氏が執筆する“嘘だらけの近現代史”シリーズ第3弾『嘘だらけの日韓近現代史』を出版記念講演会の様子を交えて紹介。

[新刊JP]
新刊JP

 今、日本外交で大きく注目を集めているものの1つが日韓関係のこじれだ。特に2013年2月に大統領に就任した朴槿恵氏の執拗な“反日”姿勢は日本でも大きく報道され、韓国メディアからも「やりすぎ」という批判が飛び出しているという。

 ではどうして韓国は反日なのか? 目の敵にされながらも、隣人であり同じ自由主義陣営である韓国とどのように付き合っていけばいいのか?

 憲政史研究者の倉山満氏が執筆する“嘘だらけの近現代史”シリーズ第3弾の舞台は韓国だ。『嘘だらけの日韓近現代史』(扶桑社/刊)は韓国内で当たり前となっている「反日お国自慢」や捏造史観を、倉山氏が次々にぶった切っていく痛快な一冊である。

 そして、12月5日に八重洲ブックセンター八重洲本店で行われた本書の出版記念講演会でも、“倉山節”がさく裂した。


fhfig812.jpg 日本と韓国がもめて得する国とは?

 講演会開始早々、倉山氏は「この本が一番書きたかった」と告白、さらに「1行目を書くまでに3カ月掛かった」ことを打ち明けた。そして行き着いたのが“『人間・失格』の半島”という言葉だったそうだ。

 この『人間・失格』とは、太宰治のベストセラー小説ではなく、1994年にTBS系列で放送されたドラマのこと。韓国はこのドラマに出てくる和彦だと倉山氏は指摘するのだ。

 和彦はもともといじめられっ子だったが、主人公に救われ、その後主人公をいじめる急先鋒に転じるキャラだ。「朝鮮半島の近現代史はまさに和彦のようです」と倉山氏は言う。

 そんな韓国という国に対して、倉山氏は特徴を挙げて次々と突っ込みを入れていく。

 韓国の特徴、1つ目は「頭の中がファンタジー」だということだ。倉山氏はこれを「日本人の歴史はヒストリー、中国人の歴史はプロパガンダ」という言葉とともに紹介すると、客席からは笑い声が漏れた。

 書籍内でも引用されているが、例えば韓国の梨花(りか)女子大学が発行している韓国史の入門書『梨花女子大学コリア文化叢書 韓国史入門』(東方出版/刊)には、「韓国民族は70万年前の旧石器時代から新石器・青銅器時代へと移り、古代国家を成立させて以後、現在まで東アジアの主役として固有の歴史を守り続けてきた」と書かれているという。さらに「ほかの国を侵略したことがない平和を愛する民族である」としながらも「満州で建国した古朝鮮を受け継いだ高句麗と渤海は満州を支配した東アジア最大の国家だった」と説明されている。

 倉山氏は「70万年前から韓国民族が存在し、東アジアの主役だった」という記述をいじり、さらに「侵略したことがない」と「支配した」という言葉に矛盾を感じなかったのかと問いかけ、「これがファンタジーでなくていったい何か?」と疑問を呈する。

 2つ目に挙げたのは「反日といっていないと親日になってしまう」という点だ。

 「支配されたのだから、恨みを持っているのは健全なこと」と倉山氏。ここで言及したのが、朴槿恵大統領の反日姿勢である。これは多くの人が気になるトピックだが、意外にも倉山氏から出た言葉は「あのときの大統領候補で最もマシだったのは朴槿恵です」というものだった。

 その理由は「朴槿恵は親中反日。でも、朴槿恵以外の候補は親北反日だった」からだ。「親中である分には『勝手にどうぞ』で済みますが、拉致問題を抱える日本にとって隣国が親北であってはいけません」という。韓国は北朝鮮の脅威に対しては、日本に頭を下げてから日本と組むことが安全保障の観点からみても一番良いとした。

 その上で発表された「日本と韓国がもめて得する国ランキング」は思わずひざを打つものだった。

 ランキング3位は米国。米国は日本がアジアでリーダーシップを執るのを警戒しており、その上で日本と韓国がもめることは都合がいいと説明する。

 2位は中国。これは北朝鮮の存在が鍵になるという。中国は自分たちにたてつく金一族が大嫌いであり、韓国の“反日親中”は中国にとって大事なことであると指摘する。

 そして1位は…もちろん北朝鮮なのだが、その理由はぜひ本書の第7章第4節を読んでほしい。

 この『嘘だらけの日韓近現代史』を含む“うそだらけ”シリーズは「間違えた歴史認識によって歪んでしまった日本人のナショナリズムを正す」という目的で執筆したという。だからこそ、倉山氏の次の言葉は印象的だった。

 「国は分かり合えないから違う国なんです。日本人は勘違いしがちですが、相手に言うことを聞かせるために相手のことを好きになり、相手に好きになってもらおうと努力するのは外交ではありません。それは甘いです。外交は特にロシア人を見習うべきです。自分のことを嫌っている相手に言うことを聞かせるから外交なんです。ロシア人は好きになってもらおうなんて、かけらも考えませんから」

 分かりあえないからこそ別の国。反日なのは当たり前。だからこそ、倉山氏は次のように提案する。

 「そもそも取るに足らない国を好きになる必要はありませんが、韓国だけをたたく前に、反日的な思想を持つ日本人をたたく方も大事なのです」

 次の本の予告まで飛び出した1時間の講演会は、あっという間に終わった。その後のサイン会では倉山氏が読者と和やかに言葉を交わす姿が見受けられた。

 倉山氏の意図は、隣国の本当の姿を暴きながら、日本という国を見つめようというものだ。そういう意味でも『嘘だらけの日韓近現代史』は新たな視座を読者に与えてくれるはずだ。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2017 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる