ニュース
» 2013年12月17日 13時00分 UPDATE

Amazonと大手出版社が訴えられていた電子書籍DRM問題、NY地裁が棄却

DRMの有無はAmazonの競争優位の根拠にはならないと判断。

[hon.jp]
hon.jp

 米著作権ニュースサイト「Copyright and Technology」によると、今年2月に独立系3書店がAmazon.comと出版大手6社を相手取り、電子書籍のDRMが公正な競争を阻害しているとして訴訟を起こした件について、ニューヨーク連邦地裁が訴えを棄却した模様。

 訴訟を起こしていたのはBook House of Stuyvesant Plaza(ニューヨーク州アルバニー市)などの独立系書店オーナーたち。Amazon.comと大手出版社が作品をDRM保護していることが原因で、書店業界における電子書籍販売で不均衡が起こり、結果的にAmazonの競争優位につながっていると主張していた。

 棄却について、ニューヨーク連邦地裁の担当判事は、DRMの有無はAmazonの競争優位の根拠にはならないと判断を明らかにしている。

Copyright 2015 hon.jp, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる