ニュース
» 2013年12月16日 12時10分 UPDATE

なぜ「和食」は世界遺産に登録されたのか――『和食の知られざる世界』発売

「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録された。なぜ登録されたのか、どのような魅力があるのか――『和食の知られざる世界』の中で辻調グループ代表・辻芳樹氏がその疑問に答えている。

[eBook USER]
『和食の知られざる世界』 『和食の知られざる世界』(辻芳樹/新潮社)

 辻調グループは12月14日、『和食の知られざる世界』(辻芳樹/新潮社)を発売した。

 「和食」は12月4日、ユネスコ無形文化遺産に登録されたが、ここでいう「和食」は味噌汁や懐石料理といった料理そのものではなく、日本人の食におけるさまざまな社会的習慣を指すという。

 同書の著者は食を研究してきた辻調理師専門学校グループ代表・辻芳樹氏。“なぜ世界遺産に登録されたのか”、“なぜ世界の一流シェフたちを魅了するのか”、“良い店はどこが違うのか”といった疑問の答えが得られ、日本人も知らない和食の魅力を解説する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる