ニュース
» 2013年12月04日 11時43分 UPDATE

「『課長島耕作』検定」公認ネットカフェキャンペーン、自遊空間で始まる

ランシステムは複合カフェ「スペースクリエイト自遊空間」で、『島耕作』シリーズ連載30周年を記念した「『課長島耕作』検定」の公認ネットカフェキャンペーンをスタート。オフライン検定試験も実施。

[eBook USER]
Photo 「『課長島耕作』検定」

 ランシステムは、複合カフェ「スペースクリエイト自遊空間」で12月9日から「『課長島耕作』検定」公認ネットカフェキャンペーンを開始する。

 『課長島耕作』検定は、モーニング(講談社刊行)の『島耕作』シリーズ連載30周年を記念したもの。Web上では無料で検定が受けられるほか、12月7日〜8日には「初芝電器産業(株)入社試験」と題して、東京都文京区の講談社特設会場で実際の検定試験を行う。

 12月9日から2014年2月28日までは、全国のスペースクリエイト自遊空間をはじめとする『課長島耕作』検定公認ネットカフェ内のPCで検定を受けることが可能。合格すれば、講談社会場試験同様、オリジナル名刺を有料で申し込める。(公認ネットカフェ外の受験では、登場人物名の名刺になる。)

 また、公認ネットカフェキャンペーンの開始に先立ち、自遊空間「BIGBOX」高田馬場店に『島耕作』シリーズの原作者である弘兼憲史さんが来店。店内の壁に直接サインとイラストを描いたという。

Photo 自遊空間「BIGBOX」高田馬場店の壁に弘兼憲史さんが描いたサインとイラスト

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる