ニュース
» 2013年11月26日 11時50分 UPDATE

うっかり使うと失礼になる「間違った敬語」

うっかり使ってしまいそうになる「間違いやすい敬語」を紹介。

[新刊JP]
新刊JP

 「言葉の乱れは生活の乱れ」などといいますが、「自分は正しい日本語を使っている」という自信を持っている方というのは、案外少ないのではないでしょうか。

fhfig759.jpg うっかり使うと失礼になる「まちがった敬語」

 しかし、言葉づかいに関していえば、社会人になると「まちがっていた」では済まされないことも。特に敬語は、間違えると自分が恥をかくだけでなく、相手を怒らせてしまうかも……。

 『日本語の練習問題』(出口汪/著、サンマーク出版/刊)は、国語が弱っているといわれる日本人に、正しく美しい日本語の使い方を教えてくれます。

 例えば、敬語にまつわる次の3つの例文はどれも日常的に使ってしまいそうなものばかりですが、正しく日本語が使われているのは1つだけ。どれだか分かりますか?


  1. 課長、今度の企画、存じ上げておられましたか?
  2. あなたのご意見について、申し上げたいことがある。
  3. 名物のお菓子なので、皆さんでいただいてください。

 1.は「おられましたか?」から、「課長」は目上の人だということが分かります。それなら尊敬語を使わないといけないのですが、「存ずる」は「知る」の謙譲語で、「相手を上げるのではなく自分を下げる」言葉。目上の相手の行動や状態について言う時に使うとかなり失礼な表現になってしまいます。

 この場合は「ご存じでしたか?」が正しい表現です。

 2.の「ご意見」は「あなた」の行為です。それに対して敬語を使っているので、例文のほかのカ所も「あなた」に敬意を表さなければなりません。「申し上げる」は謙譲語で自分を下げる表現なので、例文のような使われ方は適切。これが正解です。

 3.の「いただいてください」がポイントです。「いただく」は「食べる」の謙譲語なので、やはり敬意を表さなければいけない相手である「皆さん」の行動に使うのは不適切。正しくは「召し上がってください」です。

 今回紹介した問題はほんの一例。本書には、「正しい日本語」であることはもちろん「美しい日本語」を使えるようになるための問題と解説がそろえられています。

 「言葉の乱れは生活の乱れ」が本当ならば、言葉づかいを磨くことで生活も人生もいい方向に向かうはず。普段使っている日本語がまちがっていないかチェックする意味でもぜひ活用してみてください。

(新刊JP編集部)

amazon:B00GTAV3NS

Copyright(c) 2017 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる