ニュース
» 2013年11月01日 15時30分 UPDATE

「明日が見えない」と悩むあなたへの特効薬

いまや超有名店であるケンタッキー・フライド・チキンですが、創業の裏にはカーネル・サンダースの苦労が。悩む人へのヒントが見える彼のエピソードを紹介。

[新刊JP]
新刊JP

 今や、定番のファストフードとなったケンタッキー・フライドチキン(KFC)。店頭に立っている白いスーツを着てほほ笑むカーネル・サンダースの人形を見たことがないという人はそういないでしょう。

fhfig705.jpg 「明日が見えない」と悩むあなたへの特効薬

 カーネル・サンダースがKFCの仕事を立ち上げたのは、実は彼が65歳のとき。かなり高齢です。しかもそのときは無一文。月にもらえるのはわずか105ドルの年金のみでした。

 そこでカーネルは、かつて経営していたレストランの大人気メニューだったフライドチキンの作り方と秘伝のスパイスをほかのレストランへ売ることにしました。しかも、買い取りではなく、フライドチキンが売れた分だけ1ピースにつき数セントのロイヤリティをもらうという契約です。

 しかし、老齢のおじいさんの飛び込み営業に応じる店はなかなかありません。

「NO!」「NO!」「NO!」「NO!」「NO!」「NO!」「NO!」「NO!」「NO!」「NO!」「NO!」「NO!」「NO!」「NO!」「NO!」「NO!」「NO!」「NO!」「NO!」「NO!」「NO!」「NO!」「NO!」「NO!」……

 言われた「NO!」の数、なんと1009回。カーネルは「放り出された数は全米一」と自慢していたそうです。移動は自動車で、なけなしの年金でガソリンを買い、出費を抑えるために、寝場所は車の後部座席。とても65歳のおじいさんの生活とは思えません。

 その後、フランチャイズのアイデアを成功へと導き、73歳になるころにはKFCのチェーン店は600を超え、米国最大のフランチャイズレストランとなります。今や世界80ヶ国、1万店舗以上に広がる一大ファストフードチェーンのKFCですが、カーネルは自身の成功について「自分に特別な才能があったとは思えない」と語っている通り、かつては職を転々としていました。しかし、その1つ1つで一生懸命働いたことが成功の要因だとインタビューで振りかえっていたそうです。

「できることはやれ」

「やるなら最善を尽くせ」

 これが、カーネルが守った、たったの2つのルールでした。

 「才能がないから」「仕事がうまくいかないから」「一度失敗したから」といってあきらめてしまうのは簡単なこと。カーネルは「おいしいもので人を幸せにしたい」という情熱を燃やし続け、1009回もの「NO!」を言われながら、最後には大きな成功を手にすることができました。

 このエピソードは、コピーライターのひすいこたろうさんが歴史上の人物の名言とそれにまつわる物語を紹介する『明日が見えないときキミに力をくれる言葉』(SBクリエイティブ/刊)の最初を飾るエピソードです。普通の人でも、情熱を燃やし、地道に続けること。成功を信じることで道は開けるのです。

 本書では大ヒット小説『海賊と呼ばれた男』の主人公のモデルになった出光佐三の勇気溢れる名言や、孤独の中で育ってきたマイケル・ジャクソンの人間不信の心を溶かす言葉など、シンプルでカッコいい名言がそろっています。

 1000回以上「NO!」といわれてもめげなかったカーネル・サンダース。成功を信じている人のところに、成功はやって来るという当たり前のことに気づかされるはずです。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2016 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる