ニュース
» 2013年10月29日 15時40分 UPDATE

後輩から密かに恐れられているタイプとは?

経験を積み、年齢を重ねたことにより怖がられるようになった女性。エッセイストの酒井順子さんが分類する3つのタイプを紹介します。

[新刊JP]
新刊JP

 多くの人が、年齢を重ねても心身ともにいつまでも若々しくありたいと願っているでしょう。若さが称賛されるこの時代、40代になった酒井順子さんは、エッセイ『おばさん未満』(集英社/刊)の中で複雑な気持ちを綴っています。それは、限りなくおばさんに近い存在ではあるけれど、本物のおばさんではないのではないかという気持ちです。

fhfig704.jpg 後輩から密かに恐れられているタイプとは?

 このエッセイは40代でなくても共感できます。例えば「恐さ」について。酒井さんは、40代になって若者からあからさまにビクビクされるようになったと述べています。若者は年長者の前で緊張してしまうのです。

 酒井さんは、40代の女性が恐がられる理由として次の2点を指摘しています。それは、経験値の高さゆえに相手のアラに気づきやすいことと、図太さや老婆心も身についているがゆえにそのアラをいちいち指摘してしまうこと。そして、恐がる相手への対応の仕方によって3つのタイプに分けています。

  • 1.おふくろタイプ

 このタイプは、若者に対して厳しく指導する一方で、すぐに優しい微笑みを見せて若者を甘えさせてあげることができます。実生活でもお母さんであることが多いです。「恐さ」というムチを「お母さんの優しさ」という誰もが絶対に嫌いではないアメによってフォローしています。

  • 2.アネゴタイプ

 「おふくろタイプ」より厳しいのがこのタイプ。若者に対して乱暴なまでに厳しく指導することがあり、いざという時は責任を引き受けたり、豪気におごったりします。年下から「○○ネエさん」と呼ばれがちであり、恐れられてはいるけれど、慕われているのです。

  • 3.お嬢タイプ

 以上の2つのタイプが「恐れられる」ということを恐れておらず、恐がられるという役割を引き受けているのに対し、若者から恐れられることを異常に恐れているのが「お嬢タイプ」。若者にはおっとり優しく接しようとしますが、その努力は通じておらず、実は最も恐れられ、腫れ物のように扱われています。

 このタイプは恐がられたくないがために、イラッときても表に出しません。しかし、ふとした目つきや態度に「イラッときている」という気持ちが表れてしまいます。「本当は言いたいことがあるのに言わないでいるのだな」と若者は察知するため、このタイプが最も「恐い」のです。その場できちんと注意・指導してくれる「おふくろタイプ」や「アネゴタイプ」の方がよっぽど慕われています。

 これら3つのタイプは40代女性についてのものですが、どの年代に関しても当てはめることができます。学生でも社会人でも先輩・後輩という関係はあるからです。自分の後輩に対する接し方を振り返ってみましょう。あなたはどのタイプですか?

(ライター/ゆうり忍)

Copyright(c) 2016 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる