ニュース
» 2013年10月17日 15時20分 UPDATE

毒舌なのに励まされる「赤猫リブ・リビィ」の格言が話題に

毒舌なのに励まされる、「赤猫リブ・リビィ」のつぶやきが書籍化。

[新刊JP]
新刊JP

 何かに迷ったときや、落ち込んだとき、「前向きに考えよう」と心がけてもなかなか難しいもの。そんな時に救いになってくれるのは、友人の何気ない言葉であったり、偶然手に取った本の一節だったりします。

 そのように、落ち込んだ気持ちを叱咤激励してくれる言葉が集められ、絶大な支持を集めているのが『赤猫リブ・リビィの“強くなれる賢者の言葉”』(赤猫リブ・リビィ/著、扶桑社/刊)です。

fhfig677.jpg 毒舌なのに励まされる「赤猫リブ・リビィ」の格言が話題!

 この本は、ツイッターで10万人以上のフォロワーを集める「赤猫リブ・リビィ」のつぶやきを書籍化したもの。その言葉は単なる「励まし」とは一線を画しています(以下、すべて本文より抜粋)。

うまくいかないことの方が多いでしょ。
でもね、うまくいってる人は、
うまくいかないことを
いっぱいしてるのよ。

女が女に相談してどうするのよ。
あなたの幸せなんか考えていないわよ。
あなたどんどん不幸になるわよ。

あら、簡単なことでしょ。
あなたに素敵な出会いがないのは、
あなたがだいたい決まったところにしかいないからでしょ。

 一貫しているのは、少し辛辣で、こちらを突き放すようでいて、しかし、決してそこで終わらずに、落ち込んだ心を立て直すヒントを与えてくれること。

 この本をプロデュースした著述家で編集者の石黒謙吾氏は、やはりTwitterを通して「赤猫リブ・リビィ」の存在を知り、「素晴らしい言葉ばかりだったので、本として残すべきだと思った」と言います。

 正体が明かされていない「赤猫リブ・リビィ」ですが、石黒さんによると「一般人で、クリエイティブとか言葉を使う仕事とは無縁の人。しかし、自分の人生の中で熟成された言葉を発信していて、読む人にはそれが分かる。だからこそ心に響くんだと思います」。

 自分の身に起こった問題は、自分で乗り越えていくしかありません。「赤猫リブ・リビィ」の言葉は時に厳しく叱咤しながらも、人生の困難に立ち向かう強さとは何かを教えてくれます。自分の心が元気ではない時にページをめくれば、きっと自分にピッタリの言葉が見つかるはずです。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2016 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる