ニュース
» 2013年10月11日 17時08分 UPDATE

「動くとは誰も思っていない絵が」:繊細な水彩画が動く――アントニ・ガウディを描いた井上雄彦の『pepita』英語版

スペインの建築家アントニ・ガウディを題材にした井上雄彦氏の『pepita』英語版が米国のiBooksで発売された。同電子書籍のトップ画面では、サイバーノイズの技術協力により、水彩絵の具で描かれた青年期のガウディが動く。

[渡辺まりか,eBook USER]

 サイバーノイズは10月11日、井上雄彦氏の『pepita』英語版電子書籍出版において技術協力を行ったと発表した。

 『pepita』はスペインの建築家アントニ・ガウディを題材にしたルポルタージュで現地での取材の様子を写真や映像、同氏のスケッチやイラストなどで綴った作品。表紙には青年期のガウディが描かれている。

wmfig328.jpg 『pepita』英語版

 同社は二次元(2D)のままキャラクターをモデル化し、立体的な動きを表現できる「Live2D」技術を開発。クリエイター独特のタッチそのままで思い通りの動きを付けられる。

 今回Live2Dを使用したのは、水彩絵の具などを使って繊細なタッチで描かれた表紙画像。2Dでありながら、立体的な動きができるモデルを制作し、井上氏の指示のもと、アニメーション制作を行った。「アナログの、動くとは誰も思っていない絵が」(井上氏談)その作風を崩すことなく動く。

 配信は米国で日本のマンガ・アニメコンテンツの出版を行うVIZ Media LLC社によって10月8日から米国のiBooksで開始されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる