ニュース
» 2013年10月04日 11時15分 UPDATE

堺雅人、吉田沙保里……有名人がひそかにハマる「うどん」

コシの強い讃岐うどんとは正反対、「ふわふわもちもち」の伊勢うどん。そんな伊勢うどんの魅力を熱く語る書籍を紹介します。

[新刊JP]
新刊JP

 ドラマ『半沢直樹』の大ヒットで一躍時の人となった俳優、堺雅人さんや岸谷五朗さん、柔道の吉田沙保里選手など、芸能人・著名人に多くのファンを持つ「うどん」があるのをご存じですか?

tnfig444.jpg

 その正体は「伊勢うどん」。長らく三重県伊勢市のご当地うどんとして知る人ぞ知る存在でしたが、第1回「うどん日本一決定選手権U-1グランプリ2013」で全国5位にランクインするなど、ここにきてその魅力が徐々に広まりつつあるのです。

 『食べるパワースポット 伊勢うどん 全国制覇への道』(扶桑社/刊)は、コラムニストで「伊勢うどん友の会」会長の石原壮一郎さんが、伊勢うどんへの溢れんばかりの愛情をつづった一冊。

 伊勢うどんの特徴は、なんといっても太くてやわらかい麺、そして真っ黒なタレです。讃岐うどん的な、コシの強いうどんが主流の今、“やわらかい”というだけでなんとも個性的ですが、「うどんはコシが命」という刷り込みのせいか「ダメなうどん」「茹ですぎ」というレッテルを貼られ、なかなか認知されてきませんでした。

 こんな状況を打開すべく立ちあがったのが、三重県出身で「硬いコシのあるうどんだけがうどんじゃない!」と義憤に駆られた石原さんでした。

 本書で石原さんは、「うどんはコシ」という世間の価値観へのアンチテーゼのように「ふわふわもちもち」を貫く伊勢うどんの魅力を伝えるべく、伊勢うどんのお店や、製麺所、伊勢市長の鈴木健一氏に至るまで、伊勢うどんにかかわるあらゆる人に取材を敢行。

 中でも圧巻だったのは、2013年1月、東京ミッドタウンで開催された「三重フェア」にゲストとして訪れた、ロンドン五輪・女子レスリングの金メダリスト、吉田沙保里さん(三重県津市出身)との、こんなひとコマです。

石原「コラムニスト石原壮一郎と申します。伊勢うどん友の会というのをやっています」

吉田「へえ〜」

石原「伊勢うどんのやわらかくてしなやかなコシは、吉田さんのレスリングの強さに何か影響を与えたでしょうか?」

吉田「はい、もうその通りに動けるようになったので、はい」

石原「あのやわらかいコシ(の麺)を食べてレスリングが強くなったといっても過言ではないでしょうか」

吉田「は、はい(苦笑)」

 この強引さで、「吉田選手の強さを支えていたのは伊勢うどんだった!」と結論づけてしまった、石原さん。このほかにも「ああ、伊勢うどんのタレの海に飛び込んで、太くてやわらかい麺ともっと密接にからまり合いたい!」「大人にとって大切なことは、みんな伊勢うどんが教えてくれるんです」など、暑苦しいまでに伊勢うどんを讃美する名言(迷言?)が、次々と飛び出します。

 もちろん、本書が石原さんの愛情表現だけで終わるはずもなく、伊勢うどんの地元、伊勢の名店や、都内で伊勢うどんを食べられるスポットなど実用的な情報も満載。

 10月2日に伊勢神宮の式年遷宮の中心となる「遷御の儀」が執り行われこともあり、ますます注目を集める(?)伊勢うどんですが、食べてみる前にこの本を読んでおけば、いっそうその魅力が身近に感じられるはずです。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2016 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる