インタビュー
» 2013年10月03日 17時30分 UPDATE

部下を叱れない上司の考え方 (1/2)

部下を成長させ、厳しく叱っても部下に愛される上司のしかり方を教えてくれる書籍『ビシッと言っても部下がついてくるできる上司の叱り方』。今回は、著者の嶋田有孝さんにお話を伺いました。

[新刊JP]
新刊JP

 職場でも学校でも、今の主流は“ホメて伸ばす”こと。しかし、ホメるだけでは人は育たないということを、現場の実感として持っている管理者や指導者は多いのではないでしょうか。

fhfig637.jpg 部下を叱れない上司の考え方

 特に会社では、部下を指導している上司の立場として、部下を叱らなければならない場面がどうしても出てきてしまうのですが、部下のやる気を削がない形で「叱る」のは、「ホメる」よりずっと難しいことです。

 では、部下を成長させ、厳しく叱っても部下に愛される上司のしかり方とは、いったいどのようなものなのか。『ビシッと言っても部下がついてくるできる上司の叱り方』(PHPエディターズ・グループ/刊、PHP研究所/発売)の著者、嶋田有孝さんにお話を伺ってみました。

―― 『ビシッと言っても部下がついてくるできる上司の叱り方』についてお話を伺えればと思います。タイトルのように「叱り方」がテーマになっていますが、やはりホメるだけでは部下の成長は望めないのでしょうか。

嶋田 わたしは、ほめるだけで部下を育てることはできないと思っています。「ほめること」と「叱ること」は、どちらも上司が部下の仕事ぶりを見つめ、フィードバックすることです。「どちらか一方だけを選んで行う」という性質のものではありません。それは、テストの採点に例えるとよく分かると思います。

 採点をするとき、「○だけをつけて、×をつけない」というのは、できないでしょう。それと同じです。「ほめること」と「叱ること」は、表裏一体なのです。「ほめると部下は喜び、叱ると嫌がる」「ほめると意欲を高め、叱ると意欲を失う」という考え方は、正しくありません。

 部下を勇気づけ、意欲を高める叱り方は、いくらでもあります。叱るという行為は、あるべき姿と現状のギャップを確認して、それを伝え、改善させることです。いわば、部下への改善提案であり、成長のためのプレゼンテーションです。それは、ただほめ続けるよりも、はるかに効果的であり、部下の成長に直結するのです。

―― 部下を叱れない上司の考え方として、どのようなものが挙げられますか?

嶋田 管理職になりたてのころ、わたしは「叱れない上司」でした。自分自身がそうだったから、よく分かるのですが、部下を叱れない上司は、次の3つが不足しているのです。

 1つ目は、理解の不足です。「叱ることは相手を傷つける行為だ」と勘違いして、相手の成長のきっかけとなることを理解していない。だから、叱れないのです。

 2つ目は、覚悟の不足です。叱るためには、勇気が要ります。「自分は嫌われてもいい」と覚悟を決めないと、叱ることはできません。

 3つ目は、知識の不足です。叱り方には、幾つかのポイントとコツがあります。知識もなく、我流で叱っても的確な叱り方はできず、うまくいきません。

 逆に言うと、叱ることの本質を理解して、覚悟を決め、叱り方のポイントを学べば、誰でも必ずうまくしかれるようになります。それらを体系的に学ぶことが、叱れるようになるための近道なのです。

―― 部下がやってしまったことに対して、つい感情的に怒ってしまう上司もいます。こういった、頭に血が上がってしまうタイプの上司は、どのようなことを心がけて部下の指導に当たるべきですか?

嶋田 すぐに感情的にならないために、大切な心がけがあります。それは、「必ずできるはずだ」という前提で部下を見ないことです。

 例えば、プロ野球の監督は、チャンスに三振した選手を怒鳴るでしょうか? 少しは腹を立てるかもしれませんが、感情的になって「なぜ三振したんだ」などと怒鳴りつけることはないはずです。なぜなら、その選手の打率が分かっているからです。

 「彼の打率は二割五分だ。打てない確率の方が高い」と事前に理解している。過剰な期待をしていないから、三振しても「ドンマイ」と励ますことができるのです。

 これは、職場においても同じです。部下の力を正しく見つめましょう。「時にはできないこともある」と思って部下と接すれば、感情が爆発することは、激減するのです。

       1|2 次のページへ

Copyright(c) 2017 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる