ニュース
» 2013年10月01日 15時05分 UPDATE

※これは黒執事です。クリケット漫画ではありません。笑撃に次ぐ衝撃の展開!『黒執事』最新17巻レビュー

大人気漫画『黒執事』最新17巻をご紹介します。

[ラノコミどっとこむ]
ラノコミ.com

 あくまで執事……いや、悪魔で執事なセバスチャン・ミカエリスと、その契約者である女王の番犬、シエル・ファントムハイヴ伯爵。英国貴族の煌びやかな生活と、そこに潜む闇、そしてシエルの過去。

さまざまななぞが散りばめられたダークファンタジー、『黒執事(GFC/スクウェア・エニックス)』。

 今回は、実写映画化も各方面で話題となっている大人気執事漫画『黒執事』の最新17巻をご紹介します。

fhfig629.jpg 黒執事(GFC/スクウェア・エニックス)

 今回の巻では前巻に引き続き、イギリス屈指の名門校であるウェストン校で起きた、デリック・アーデン(ヴィクトリア女王の従兄弟の御子息)および複数の生徒が実家への帰省を拒否し続けている理由を解明せよ、という女王の命を受けたセバスチャンとシエルが、名門寄宿学校への潜入探査を行っている様子の続きが描かれています。

 何といってもこの17巻における一番の見どころは、青寮と緑寮のクリケット対決!

あれ……? 何か、わたしの知っているクリケットと違う……でも面白い……。そんな感想を抱かざるを得ない彼らのクリケットの様子は、なぜでしょう、某テニス漫画を激しく思い起こさせるものでした……! 昨今の流行から言うと某カラフルなバスケ漫画といったところでしょうか。

 互いに渾身の必殺技で熱戦を繰り広げる彼らの様子は、ある意味、スポーツ漫画の王道。彼ら自身は真剣にプレイしているのですが、見ているこちらとしては笑いが止まらないので必見です!

 また、このクリケットの試合の場面では、皆さんおなじみ、天使のようなきれいなシエルと女王の番犬らしい裏社会の悪魔のようなシエル、どちらも見ることができますので、そういった意味でもオススメです。セバスチャンも教師モードと執事モードどちらも堪能できますよ!

 しかし笑いに満ちたクリケットの試合が終了するとともに、物語は一気に緊張に満ちたミステリーへと加速していきます。消えた生徒の行方、なぞに満ちた校長の正体。17巻はクリケットによる笑撃の場面から、180度異なる衝撃の展開を迎えます。

 果たして、真夜中のお茶会で明らかになる真実とは何なのか。名門寄宿学校編クライマックスの幕開けをお見逃しなく!

(評:ラノコミどっとこむ編集部/やまだ)

Copyright© 2015 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる