ニュース
» 2013年09月27日 13時50分 UPDATE

Amazon傘下の「Goodreads」が作家個人への中傷レビューを禁止へ、ユーザーが反発

Amazonが3月に買収を発表したソーシャル読書サービス「Goodreads」が規約を改訂。作家個人を中傷するレビュー記事やタグ付けを自動削除できるようにしたことにユーザーが反発している。

[hon.jp]
hon.jp
tnfiggr1.jpg

 Amazon傘下で英語圏最大の読書コミュニティーサイト「Goodreads」が読者レビュー投稿規約を改訂し、多くのユーザーからの批判を受けていると米国ITニュースサイト「GigaOm」が伝えている。

 Goodreads.comは2007年にオープンしたソーシャル読書サービスで、会員数は1600万人。Amazon APIと連携して会員同士でお薦め書籍を紹介したり、読書リスト作成などが行なえる。

 記事によると、Goodreads.com側は作品内容とは関係のない、作家個人を中傷するレビュー記事やタグ付けを自動削除できるよう規約を改訂。これに対し、多くのユーザー側は検閲であるとして反発しているという。

Copyright 2015 hon.jp, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる