ニュース
» 2013年09月25日 11時50分 UPDATE

米中は激突するのか? 伝説的指導者、世界を語る

世界各国の名だたる指導者たちが尊敬する政治家であるシンガポール初代首相リー・クアンユー氏。彼の語る近年の世界とは。10月15日に発売が決まった著書を紹介します。

[新刊JP]
新刊JP

 米国のバラク・オバマ大統領、中国の習近平国家主席をはじめ、IBM会長のサミュエル・パルミサーノ氏、前世界銀行総裁のロバート・ゼーリック氏ら、世界各国の名だたる指導者たちが尊敬する政治家を知っているだろうか。

fhfig619.jpg 米中は激突するのか? 伝説的指導者、世界を語る

 それは、「シンガポール建国の父」として知られ、貧しい都市国家を先進国へと変ぼうさせた、シンガポール初代首相のリー・クアンユー氏である。

 今年9月で90歳になったクアンユー氏だが、現在でもなお、世界に大きな影響を与える人物として注目されている。そんな彼について、オバマ大統領は「リーは、20世紀から21世紀にかけてのアジアの伝説的人物の一人だ」と評し、元南アフリカ大統領のF・W・デクラーク氏は「わたしが最も感銘を受けた指導者は、シンガポールのリー・クアンユーかもしれない。彼は、歴史の流れを変えた一人だ」と最大の賛辞を贈る。

 そんなクアンユー氏が混沌とする世界を冷静に見つめる『リー・クアンユー、世界を語る』(グラハム・アリソン、ロバート・D・ブラックウィル、アリ・ウィン著、倉田真木翻訳、サンマーク出版刊)が10月15日に日本でも出版されることが決まった。

 クアンユー氏の慧眼はまず中国に向けられ、「中国は世界でナンバーワンの国家になろうとしている」と指摘する。13億人という巨大なマーケットを持つ中国に対して、世界中の国々が注目しているとし、「中国の国益を脅かすことになった場合を想定し、自国の立場を見直している。中国は対立国に対して、収入が増えて購買力がついてきた13億の人口を抱える市場から締め出すという経済制裁を科すことができるからだ」と分析する。

では、かつて中国と同じく注目を集めたインドはどうだろうか。クアンユー氏は、インドを悲観的に見ているようだ。「これまで数十年にわたり国家の計画・管理がうまくいかず、お役所仕事や腐敗を招いてきた」と指摘し、さらにカースト制度を批判。インドは国力を十分に発揮していないと苦言を呈する。

 また、米国については「債務超過や赤字に悩まされているが、だからといって二流国家に転落することはない」と述べ、改革や再生能力の高さを評価する。そして、米国は今後も世界の中心的な役割を果たすだろうといい、「米国のリーダーシップなくして解決することはできない。米国に代わって主要な世界勢力になれる国も組織もない」としている。

 このように、クアンユー氏は世界の大国をはじめ、イスラム原理主義や民主主義、そしてグローバル化について、質問に答える形式で語り尽くす。また、「今後20年ほどで、世界はどんな大きな問題に直面するか?」という質問では、日本についても触れており、そこでは悲観的な提言がなされている。

 クアンユー氏の戦略的思考をあますところなく味わえるとともに、これからの世界の動きを見通す上で重要な示唆を与えてくれる一冊だ。

 なお、本書は10月15日に初版が発行されるが、Amazon Kindleで電子書籍版の一部が一足早くリリースされている。電子書籍版では、本書を3つのテーマ毎に章単位で分割・収録した分冊版と本書の内容をすべて収録した完全版があり、まえがきと第一章を収録した分冊版第一巻『リー・クアンユー、世界を語る1 中国の野心と戦略とは?』が9月20日に先行発売されている。一日も早くクアンユー氏の言葉を読みたい人は注目だ。

 また、YouTubeには、「リー・クアンユー、世界を語る」と題した本書の動画がアップされている。こちらもチェックだ。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2016 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる