ニュース
» 2013年09月25日 11時20分 UPDATE

「ボクは徳川家康よりエライ」経営の神様が放った言葉の意味とは

“経営の神様”として有名な松下幸之助が放った「ボクは徳川家康よりエライ」という言葉の意味とは? 書籍『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』から紹介します。

[新刊JP]
新刊JP

 「鳴かぬなら ○○○○○○○ ほととぎす」

 あなたなら、「○○○○」の部分にどんな言葉を入れますか?

fhfig616.jpg 「ボクは徳川家康よりエライ」経営の神様が放った言葉の意味とは

 これは、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の3人の戦国武将の性格をあらわすおなじみの歌。信長が「殺してしまえ」、秀吉が「鳴かせてみせよう」、家康が「鳴くまで待とう」と表現されており、なかなかよくできていますよね。

 では、この「○○○○」の部分を“経営の神様”と呼ばれた松下幸之助は、どう当てはめたのでしょうか? 正解はこちら。

 「鳴かぬなら それもまたよし ほととぎす」

 うーん、幸之助が詠むと、含蓄があるように聞こえてきますね。そんな幸之助ですが、あるとき、社員に対して「自分はこの3武将よりもエライ」といい放ったというエピソードが伝わっています。

 戦国の世を終わらせ、長きにわたる安定の世の礎を築いた3人よりも「自分の方がエライ!」というなんて、傲慢さを感じてしまいますが、実はこの幸之助の言葉には深い意味が込められています。

 幸之助はまずこう語ります。

「信長はエライ。常識にとらわれない発想の持ち主や」

 続いてこう語ります。

「けど、秀吉は信長よりもエライ。信長の悪かったところを学んで周りへの気づかいを忘れない“人たらし”で、雑兵から天下人に登りつめた」

 さらにこう続けます。

「けどな、家康は秀吉よりもエライ。秀吉のいいところと悪いところを学んで、江戸時代が幕末まで続くように経営したな」

 そして、こう言います。

「けどな、信長よりも、秀吉よりも、家康よりも、ボクの方がエライんやで。だってボクはな、信長と秀吉と家康のいいところと悪いところを勉強して、経営に生かしているからな」

 なるほど、さすが経営の神様だ、と思った方、実は幸之助のエピソードはこれで終わりではありません。本当にすごいのはこの先です。幸之助は話を聞いていた社員にこう言ったのです。

けどな、キミの方がもっとエラくなれるんや。信長と秀吉と家康とボクのいいところと悪いところを勉強して、仕事に生かせばええんや

 何と、自分を含めた先人たちのよいところだけでなく、悪い部分は反面教師にして勉強しろと社員に訴えたのです。そして、そうすれば君たちの方がエラくなれる、と。

 確かにわたしたちはいくらでも偉大なる先人たちから学ぶことができます。物理学者のアインシュタインは「過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望を持つ」という言葉を残していますが、彼らは過去や歴史に学ぶことが、成功につながることを知っていたのです。

 この松下幸之助のエピソードは、西沢泰生さんが執筆した『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』(西沢泰生/著、かんき出版/刊)に収録されています。

 この本では「シゴト」「人のつながり」「生き方」という3つのテーマをもとに、珠玉の33のエピソードが掲載されています。国民栄誉賞を受賞した長嶋茂雄さんと松井秀喜さんのきずなを描いたショートストーリーをはじめ、勇気づけられる言葉が至るところに散りばめられています。本書を読み終えた瞬間、あなたに元気を与えてくれるはずです。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2016 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる