ニュース
» 2013年09月13日 13時15分 UPDATE

ホメるだけでは育たない 部下を伸ばす叱り方のルール

部下を上手く叱るのは難しいもの。今回は、部下のやる気を削がない形で叱るためのルールを紹介します。

[新刊JP]
新刊JP

 職場でも学校でも、今の主流は“ホメて伸ばす”こと。しかし、ホメるだけでは人は育たないということを、現場の実感として持っている管理者や指導者は多いのではないでしょうか。

fhfig595.jpg ホメるだけでは育たない!部下を伸ばす叱り方のルール

 特に会社では、部下を指導している上司の立場として、部下を叱らなければならない場面がどうしても出てきてしまうのですが、部下のやる気を削がない形で叱る」のは、「ホメる」よりずっと難しいことです。

 では、部下を成長させ、厳しく叱っても部下に愛される上司の叱り方とは、いったいどのようなものなのでしょう。『ビシッと言っても部下がついてくるできる上司の叱り方』(嶋田有孝/著、PHPエディターsズ・グループ/刊、PHP研究所/発売)から一部紹介します。

叱る時は「加点主義」で

 部下を叱るときに、やってはいけないのが「減点主義」で叱ること。

 100点満点という理想像と比べて、足りない部分にダメ出しをするというやり方です。「ここがダメ」「あそこもダメ」というしかり方がいかにやる気を削がれるものか、ほとんどの人は経験として分かっているはず。

 そうではなく、現状を基準にして、「ここを直せばもっと良くなるよ」という「加点主義」のしかり方をすると、部下の方も「自分にプラスになることを指導してくれているんだ」と思うことができ、素直に受け入れやすくなります。

責任を追及するようなしかり方はNG

 また、すでに起きてしまったことに対して、責任を追及するようなしかり方も良くありません。代表的なものが「なぜ、こんな失敗をしたんだ」「どうしてくれるんだ」というセリフですが、今さらそんなことを言っても、すでに起こってしまったことを変えることはできないのです。

 それならば、現在から未来を見て叱る方が、部下の成長につながります。「今度からはこうしなさい」という、問題解決型のしかり方をすることで、部下は自分の失敗を成長につなげることができます。

すべての部下を叱る

 何人もの部下を束ねていると、「よく叱る部下」と「あまりしからない部下」が出てくるものです。しかし、叱る対象が偏ってしまうと、部下にかける愛情が偏っていると勘違いされてしまいます。

 同じようなミスをしても叱る部下と叱らない部下が出ないよう、すべての部下を公平に叱る意識を持っておかないといけません。

ブレない「怖い上司」になる

 部下から「あの人は怖い」と思われて、はじめて上司は一人前です。しかし、その怖さとは、何かあると感情的に怒鳴り散らすような怖さではなく、「決めごとに対して厳格で、破ったものはどんな部下でも必ず注意する」という怖さです。このブレない姿勢が、部下たちの間に規律と緊張感を保たせるのです。

 自分の子どもでも、家族でもない他人を叱るのはとても勇気がいることです。しかし、だからといって見て見ぬふりをしてしまうのは、部下のためになりませんし、上司も責任を果たしていないことになります。

 本書の著者、嶋田有孝さんは、今年6月に株式会社日経サービスの社長に就任したばかり。それまでに歴任したさまざまなポジションで、多数の部下を指導してきた経験から書かれた本書は、部下の育成や、しかり方に悩む管理職の強い味方となってくれるはずです。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2017 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる