ニュース
» 2013年09月04日 15時10分 UPDATE

リコー、デジタルカタログ制作にAdobeのDPS採用

リコーがデジタルカタログ制作にAdobeのDigital Publishing Suiteを採用。デジタルリッチなソリューションの採用により紙カタログの経費削減と営業ツールとしてのカタログに強力な付加価値を持たせた。

[ITmedia]

 アドビシステムズは9月3日、リコーがデジタルカタログ制作に同社のDigital Publishing Suite(DPS)を採用したことを発表した。

 リコーではこれまで、営業ツールとして主に紙のカタログを利用してきたが、大量の製品カタログに掛かる印刷や保管コスト、またそれを持ち歩くことへの効率性などに改善の余地を見いだしていた。

 昨年、リコーは全国約6000人の営業担当者にiPadを配布したのをきっかけに、DPSを使ったデジタルカタログの制作に着手。DPSはInDesignで制作したデータを用いてそこにアニメーションや動画などインタラクティブ性を加えたものを制作できるが、製品の操作などをデジタルカタログ上でシミュレーションできるようにし、紙カタログの経費削減と営業ツールとしてのカタログに強力な付加価値を持たせた。

wmfig252.jpg DPSのインタラクティブ機能を活用して忠実に再現されたプリンタのコントロールパネル。このシミュレーターの開発によって、実機を運搬せずに済む

 今後リコーではAdobe Analytics(旧SiteCatalyst)と連携したDPSの解析機能を使い、デジタルカタログの利用データを分析、販促活動に活用するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる