ニュース
» 2013年08月20日 12時00分 UPDATE

身近だけれど奥深い“コケ”の不思議

日々の生活で誰もが目にしつつも、あまり意識しない「コケ」。そんなコケの奥深さを解説する書籍を紹介。

[新刊JP]
新刊JP

 道端のコンクリートに生えているコケに目を向ける人は、あまりいないだろう。

 しかし、苔園や園芸などコケを趣味にする人もいる。身近にありながらコケの生態を知る人は少ないかもしれないが、実はコケは奥深いのだ。

 『コケのふしぎ』(樋口正信/著、ソフトバンククリエイティブ/刊)では、コケの基礎知識から見分け方、コケとの上手なつきあい方を豊富な写真とともに解説していく。

fhfig547.jpg 身近だけれど奥深い“コケ”の不思議

 地面や岩の上、コンクリートのすきまや塀……見過ごしていることも多いが、いろいろなところに生えているコケ。そもそもコケとはどんな生き物なのか。生物の分類では、「コケ類」「コケ植物」、あるいは「蘚苔類」と呼ばれる陸上植物の1グループになる。

 胞子で増える点は、キノコやシダに似ている。しかし、緑色をしていることから分かるように、コケは葉緑体を持っていて、光合成を行う。葉緑体を持たず、ほかの生物に栄養を依存するキノコやカビの仲間とは、栄養摂取の点で大きく異なっている。シダは体が緑色で光合成を行い、キノコやカビよりはコケに近いが、大形で、体が根、茎、葉からなり、体の中には水や栄養分を運ぶ維管束がある点でコケと区別される。

 一方、緑色で体が小さいという特徴から、コケは川や池に生える藻類に似ている。しかし、藻類の多くは体が単細胞か糸状の細胞でできており、生殖器官も単細胞。陸上に生え、体のつくりがより複雑で、多細胞でできた生殖器官と受精卵が多細胞化した胚を持つコケとは異なっている。

 まとめると、光合成を行い、胞子で増え、維管束を持たず、多細胞性の生殖器官と胚を持ち、藻類とシダの中間的な生き物がコケということになる。

 コケは森のパイオニアとも呼ばれる。造成地が放置されると、いつの間にか草が生え、木が侵入して林になる。このような変化のことを「遷移」と呼ぶ。特に、新しくできた火山島のように無生物の場所から始まる遷移を一次遷移といい、このような場所に最初に侵入する生物がコケなのだ。胞子による長距離散布が可能で、土がなくとも生育できるからだという。時間の経過とともに岩石が風化して砂礫になり、コケの成長により有機物が蓄積し、少しずつ土壌が作られ、草が生育できる環境ができてくるのだ。

 深い森と豊かな雨に恵まれている屋久島のコケの森には多くの種類のコケが生えている。このように景観の中で、コケが主役となる場所が日本にはある。本書では、日本蘚苔類学会が認定している18カ所「日本の貴重なコケの森」も紹介。コケの入門書といえる本書でコケに興味を持った人は、コケを観察しに出かけてみるのも面白いかもしれない。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2017 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる