ニュース
» 2013年07月30日 08時30分 UPDATE

AKB48高橋みなみに学ぶ「理想のリーダー像」

成功するリーダーとは? 「トリックスター性」にスポットを当てた松山淳さんの著書から3つのポイントを紹介します。

[新刊JP]
新刊JP

 社会人としてある程度経験を積むと、後輩や部下を率いたり、教えたりと、「リーダー」的な役割を求められることが増えます。優れたリーダーの条件については諸説ありますが、共通しているのは、決してカリスマ性が必要ではなく、人として完全無欠である必要もないということ。

fhfigsj489.jpg AKB48高橋みなみに学ぶ「理想のリーダー像」

 では、長所も短所もある“普通の人間”はどうすればリーダーとして成功できるのでしょうか。

 『バカと笑われるリーダーが最後に勝つ トリックスター・リーダーシップ』(松山淳/著、ソフトバンク クリエイティブ/刊)によると、成功するリーダーには「トリックスター性」があるといいます。

 トリックスターとは、神話や物語で、神や自然の秩序を破り、物語をかき回す人物のこと。分かりやすいところでは『西遊記』の孫悟空などが挙げられますが、彼らのどのような性質が、リーダーに必要とされているのでしょうか。

矛盾する性質を併せ持つ

 トリックスターは多くの場合、「善と悪」「賢さと愚かさ」といった二面性を持つ人物として描かれますが、これは優れたリーダーの性質とも重なります。

 「成果に対しては冷徹な一方で、人に対しては温かい」という、一見すると相反する二つの性質が、一人の人間の中に同居しているのが優れたリーダーの共通点なのです。

 実在した人物でいうと、比叡山焼き討ちで、女、子ども、僧侶構わず皆殺しにするような冷酷さを持ちながら、豊臣秀吉の妻「ねね」に慈愛に満ちた手紙を送る一面も持ち合わせた織田信長がこのタイプに当てはまります。

失敗を笑いに変えて、前に進む

 2011年7月22日、西武ドームで行われたAKB48のコンサートは、総合プロデューサーの秋元康氏をして「最悪のコンサート」といわしめるほどの失敗だったといいます。

 そんな中、同氏に叱責されて落ち込むメンバーたちの前に立って自らの思いをぶつけたのがリーダーの高橋みなみさん。

 高橋さんは「今日のような公演が続くようだったら……たぶん終わります」などと、厳しい言葉を率直に口にします。普通のリーダーならばさらにメンバーを叱責してしまうところですが、高橋さんは違いました。批判的な言葉はそこまでにして、次回の公演に向けた前向きな言葉に切り替えたのです。最後は自ら率先して笑顔を見せて、メンバーの気持ちを一つにまとめたといいます。

 失敗は成功の糧。落ち込むだけでなく、その失敗をプラスのエネルギーに変えられることも、優れたリーダーの条件です。

時には人を欺くしたたかさを持つ

 トリックスターは、時に平気で人を欺いたり、いたずらや悪さをしますが成功しているリーダーにも多かれ少なかれこのような性質をもっているものです。ただし、単に人を欺くのではありません。目的達成のためには人を欺くのも厭わない“したたかさ”を持つというのがポイントです。

 組織で仕事をしていると、周囲からの反対で正しいと思うことができないことが多々あります。そんな状況でも潰されずに物事を前に進めるためには、周囲の人の言うことを受け流したり、とぼけたりして巧みにかわすテクニックが不可欠なのです。

 リーダーに求められるのは「強さ」ではなく「しなやかさ」。そのしなやかさを手に入れるために「トリックスター」の性質は絶好の教科書になるはずです。

 本書には、著者の松山さんが出会った数々のリーダーたちの実例を交えて、「トリックスター」的なリーダー像が考察されています。人をまとめる立場になったもののうまくいかないという人は、目指すべきリーダー像を考える際の新しい視点として、本書を活用してみてはいかがでしょうか。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2016 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる