ニュース
» 2013年06月25日 11時45分 UPDATE

『アクセル・ワールド14』ツンデレ? メタトロン

ボリューム満点のデュエルアバター2戦を収録。『アクセルワールド14「激光の大天使」』をレビューします。

[ラノコミどっとこむ]
ラノコミ.com

 せーのっ! アンリミテッドバースト! 待ってましたの『アクセルワールド14「激光の大天使」(電撃文庫)』です。

 全巻の最後が「またいいところで終わるな〜」「文化祭関係がほとんどだな〜」と思わせておいての最新刊は何と”ほぼ全編デュエルアバター”となっております(後書きで作者も言ってるけどね)。しかも今回は四神「セイリュウ」そして大天使「メタトロン」の2戦。ボリューム満点の内容となってまして読み応え抜群! な感じですよ。

アクセルワールドって?

fhfiglc395.jpg 『アクセル・ワールド14』ツンデレ?メタトロン

 生活のほとんどを首につけるニューロリンカーという端末(PCのようなもの)で行う近未来。デブで、チビで、いじめられっこだった主人公「有田春雪」は生徒会副会長である「黒雪姫」から突然の誘いを受ける。

もっと先へ、加速したくはないか少年

 この一言に惹かれた春雪は、黒雪姫に言われるままブレインバーストというゲームをインストールする。このブレインバーストは一言で言えば対戦ゲームなのだが、脳の認識を1000倍に加速するという驚異的な能力も備えていた。

 そしてそのゲーム内で使うアバターはブレインバーストのプログラムがプレーヤーのトラウマや心の傷を読み取り、具現化する。そんな有田春雪の心が生み出したアバターは「シルバークロウ」という名の銀色の華奢なアバターだった。

 目立った特長もなく、強そうにも見えないそのアバターは加速世界で唯一つの「飛行」アビリティを覚醒させる。そしてシルバークロウこと有田春雪は黒雪姫のアバター「ブラックロータス」とともにブレインバーストの世界へと飛翔していくのであった。

現実時間約1分?

 この14巻は前巻のラストからの続き物です。故にまずは元四元素(エレメンツ)の一人であるアクアカレントの救出から始まります。セイリュウの猛攻をかいくぐり、最凶にして最大の攻撃「レベルドレイン」をもかいくぐりカレント救出は無事成功します。

 この作戦の一番の功労者はもちろんシルバークロウ、ではなくパドさんことブラッドレパード。レベルドレインに対抗するため、長い歳月をかけて準備をしてました。そしてその甲斐あっての見事な救出劇でした。

 その後もう1つの目的であるメタトロン戦へと向かうわけですが、ここでなんと邪魔が。ブレインバーストの世界では時間が1000倍になるため待ち伏せはほぼ不可能といわれています。

 しかし、それを乗り越えた待ち伏せがあり、それと一戦交えているさなか……何と通常では動かないはずのメタトロンが乱入! そしてとんでもない威力(基本的に1秒で即死)のレーザーを発射! その場にいる全員が驚がくする中、対メタトロンのために覚醒させたアビリティを持つシルバークロウがそのレーザーを食い止めていると、なぞの声が……この続きは皆さんの目で確かめてください。

一言「メタトロンたんはツンデレ」

 ここまでやっておいて現実世界では1分も経ってないとか。時間を1000倍に加速するってすごいですね。次巻が楽しみになる内容なのは間違いないのですが、次で本当に終わります?

 わたしはアニメからアクセルワールドを知った人間なんですが、一番好きなのは師匠です。なので師匠が活躍する二期はよう。

(評:ラノコミどっとこむ編集部/せふぃ)

Copyright© 2015 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる