ニュース
» 2013年06月07日 10時36分 UPDATE

産業編集センター、“暮らし”と“小説”をつなぐ新しい文学賞として「暮らしの小説大賞」を設立

産業編集センターが、新しい文学賞として「暮らしの小説大賞」を設立。「衣・食・住」のいずれかひとつをテーマとした作品を募集している。

[ITmedia]

 産業編集センターは、“暮らし”と“小説 ”をつなぐ新しい文学賞として「暮らしの小説大賞」を設立。第1回目の作品募集は6月1日から開始している。

Photo 「暮らしの小説大賞」

 暮らしの小説大賞とは、小説をより身近に感じてほしいという想いから設立したもので、作品のテーマは生活・暮らしの基本を構成する「衣・食・住」のいずれかひとつ。作家志望者だけでなく、幅広い人からの応募も視野に入れている。

 応募資格としてプロ/アマは問わず、作品のジャンルも自由。ただし、原稿は未発表の作品に限り、ほかの文学賞との二重投稿は認められない。文字数は400字詰め原稿用紙換算で200〜500枚程度(8〜20万字程度)、短編の場合は作品集として相当字数のものとなる。応募は、テキスト形式で保存したファイルを特設サイトの応募フォームから送付する(手書き原稿や持ち込みは不可)。

 選考委員には、”暮らしのスペシャリスト”としてフードスタイリストの飯島奈美氏、インテリアショップ オルネドフォイユ・オーナーの谷あきら氏、BACH代表でブックディレクター幅允孝氏を迎える。

 応募締め切りは12月15日で、大賞受賞作は単行本として出版される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる