ニュース
» 2013年05月22日 11時39分 UPDATE

「奇跡のリンゴ」栽培者の教育論

どん底の状態から「奇跡のリンゴ」栽培を成功させた木村秋則さんと、天台宗の大僧正である荒了寛氏との対談が収録された書籍を紹介します。

[新刊JP]
新刊JP

 「奇跡のリンゴ」と呼ばれるリンゴがある。無農薬、そして無肥料という、いわゆる自然栽培によって作られたリンゴなのだが、ある日本の農家が世界で初めて成功させるまでは、リンゴの自然栽培など不可能だといわれてきた。

fhfigs317.jpg 「奇跡のリンゴ」栽培者の教育論

 そんな世界初の偉業を成し遂げたのが青森県で農家を営んでいる木村秋則さんだ。実は無農薬によるリンゴ栽培をはじめてから約10年間、リンゴと向き合うあまり、家族がいるのにもかかわらず無収入が続いた。そして、失敗が続き、自殺を考えて山に入っていったのだが、その中で大きなヒントを得ることになる。

 新刊『リンゴの心』(佼成出版社/刊)は、木村さんと天台宗の大僧正である荒了寛氏との対談が収録された一冊で、自然と人間の共生がテーマになって語られている。


崖っぷちの中で見つけた“大きなヒント”

 無農薬での栽培など不可能、これ以上やっても結果は同じ。家族も苦しんでいる。そんな状況にまで陥った木村さんは、ロープを持って山に入り、自殺を試みようとする。ところが、それも失敗。投げたはずのロープが枝にかからず、飛んでいってしまったのだ。

 「死ねない」ということにすら情けなさを感じていた木村さんは、ロープを回収しようと山の斜面を降りていくと、そこに一本のリンゴの木を発見する。「どうしてこんなところに?」と戸惑う木村さん。実はそれはリンゴの木ではなく、「ドングリの木」だったのだが、そのときは冷静ではなかったため気づかなかったそうだ。

 ここで、木村さんは土から匂いがすることに気付く。根元にあるのは養分たっぷりの土。木村さんはリンゴ畑の土とまったく違うことを感じる。そこの土と、今はもう使っていない草が生え放題になっていた畑の土と同じだったのだ。

 これが大きなヒントとなり、その後の無農薬栽培につながるのだが、自然のことは自然が教えてくれるのであり、自然のものは自然の中で育つものだということがよく分かるエピソードだ。

ノウハウだけで続かない、心の教育の大切さ

 そんな木村さんは現在、農家に対して自然栽培の啓発活動を行っており、本書ではそういったところから「教育」についても踏み込んで語られている。

 荒氏が「幸せというものは、本来、人に分ければ分けるほど大きくなる」といい、人間は幸せになるために自分が得をすることばかり考えてしまうと苦言を呈すると、木村さんは農業に置き換えてそれを考え、技術的なノウハウだけを教えるような活動はしないと主張する。その理由は、「ノウハウだけでは長続きしないから」。

 農業に取り組み姿勢や自然を慈しむ心がなければ、仮に成功できたとしても、それは中続きしない。木村さんは大きなスケールで農業について考えることを促したいといい、農業指導を行っているそうだ。

 この木村さんと荒氏の対談のテーマは、農業や自然にまつわることが中心だが、実は一般的なビジネスマンや教育従事者にとっても重要なことが語られている。

 人生に絶望した人間がどん底で見つけたヒントを手に這い上がる姿や、わたしたちを包み込む自然とはいったいどういうものなのか。この2人の話を読むと、わたしたちが日々悩んでいることが吹き飛んでいくかもしれない。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2017 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる