特集
» 2013年05月15日 08時00分 UPDATE

電子書籍端末ショーケース:BookPlace MONO――東芝

往年の名機から最新のタブレットまで――古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。ここでは、東芝の電子書店「BookPlace」専用E Ink端末の「BookPlace MONO」を取り上げる。

[山口真弘,ITmedia]

製品概要

 東芝の電子書店「BookPlace Cloud Innovations」の専用E Ink端末。758×1024ドットの6インチ画面、タッチ対応、Wi-Fi搭載、PCレスでのセットアップに対応といった基本仕様は他社のE Ink端末とほぼ同様だが、フロントライトを搭載しないこと、およびmicroSDスロットを搭載していることが特徴。内蔵メモリは4Gバイトとやや大きい。

 Android2.3.4ベースの端末だが、利用できる機能は電子書籍周りに限定されており、アプリケーションの新規インストールができないのはもちろん、他社E Ink端末と違ってWebの閲覧などにも対応しない。またPDFの読み込みにも対応せず、同社ストアで購入したコンテンツの閲覧専用となっている。CPUはFreescale i.MX508(800MHz)を採用する。

 なお、同ストアがリリースしているiOS/Android向けアプリとの共有には対応するが、過去に同社が運営していた「BookLive! for Toshiba(旧名BookPlace powered by BookLive!)」との互換性はなく、そのため同社が販売しているカラー端末「BookPlace DB50」ともデータの共有はできない。

スペックで見る「BookPlace MONO」

メーカー 東芝
国内発売時期 2013年4月
発売時価格 9800円(セット商品、2013年5月10日以降は1万3900円)
専用/汎用 専用
OS 専用(Android 2.3.4ベース)
OSバージョン 2.3.4.5.0033.02
サイズ(※最厚部) 110(幅)×170(奥行き)×9.9(高さ)ミリ
重量 約180グラム
解像度 758×1024ドット
ディスプレイ 電子ペーパー(E Ink)
カラー/白黒 モノクロ16階調
画面サイズ 6インチ
通信方式 802.11 b/g/n
Bluetooth なし
内蔵ストレージ 4Gバイト(ユーザー利用可能領域は2.8Gバイト)
メモリカードスロット microSD
バッテリー持続時間(メーカー公称値) 8000ページ
タッチ操作 対応
対応フォーマット 不明
コネクタ USB(microB)
電子書籍ストア BookPlace Cloud Innovations
そのほか -
最終更新日:2013年5月15日

写真で見る「BookPlace MONO」

右60度傾斜外観 本体色はブラックのみ。同社のカラー端末「BookPlace DB50」と同様、本体の右上と右下が丸くなったデザインを採用する
本体を持った写真 画面下にはホームボタンを装備。周囲はラバーコーティングされており滑りにくい
CDとの比較 他のE Ink端末と同じ6インチサイズ。フロントライトは搭載しない

単体正面 正面図。デザイン上は天地がやや長く見えるが、実寸ではそれほど大きいわけではない
左側面 左側面。カバー内にmicroSDスロットを備える
右側面 右側面。ボタンや端子類はない

上面 上面。ボタンや端子類はない
底面 底面。左からストラップホール、イヤフォンジャック、電源ボタン、microUSBコネクタを備える。音声出力に対応したE Ink端末は減りつつあるだけに貴重な存在
裏面 裏面。凹凸のないすっきりしたデザイン。プラスチックの質感が強い

メイン画面 ホーム画面。本棚形式でコンテンツが並ぶ。本棚は複数作ることができ、クラウド経由でiOS/Androidアプリなどと同期できる
コンテンツ表示画面 テキストコンテンツを表示したところ。他の端末に比べると上下左右のマージンがあらかじめ切り詰め気味なのが特徴
tnfigxxx23.jpg フォントは明朝とゴシックを搭載、文字サイズは5段階で変更できる。なお将来的には音声読み上げに対応するとされている

tnfigxxx24.jpg BookPlaceストアを表示したところ。Wi-Fi経由でコンテンツを購入できる。ちなみに本ストアはPCからは閲覧できず、本端末もしくはスマホからのみ利用できる
tnfigxxx25.jpg ジャンル選択画面。文芸書の一般的な区分に混じって、この階層でコミックが複数のジャンルとして分割されているのが特徴的
tnfigxxx26.jpg 検索結果の一覧を表示したところ。表示できる文字数に制限があるためかタイトルの末尾が切れてシリーズものの区別がつかなくなることもしばしば。なおサムネイル上のアイコンは立ち読みが可能であることを表す

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる