インタビュー
» 2013年05月14日 12時36分 UPDATE

「寝だめ」が体に良くない理由 (1/2)

平日は睡眠時間が短く、休日についつい”寝溜め”をしてしまう――そんな生活パターンを送っている人も多いのではないでしょうか? 今回は睡眠と生体リズムについて、作業療法士の菅原洋平さんにお話を伺いました。

[新刊JP]
新刊JP

 「眠ろうと思っても眠れない」「仕事中の眠気を何とかしたい」など、現代人に睡眠の悩みはつきものです。『朝昼夕3つのことを心がければOK! あなたの人生を変える睡眠の法則』の著者で、作業療法士の菅原洋平さんによると、睡眠をつかさどるのは、

  • メラトニンリズム(毎日同じ時間に光を浴びることでメラトニンが減少するリズム)
  • 睡眠―覚醒リズム(起床8時間後と22時間後に眠くなるリズム)
  • 深部体温リズム(体内の温度は起床11時間後に高くなり、22時間後に低くなるリズム)

の3つの生体リズムだといいます。

 では、この3つのリズムをどのように利用すれば、眠りの悩みを解消することができるのでしょうか。菅原さんにお話をうかがってきました。

fhfigsj300.jpg 「寝だめ」が体に良くない理由

―― 『朝昼夕3つのことを心がければOK! あなたの人生を変える睡眠の法則』についてお話を伺えればと思います。まず、本書で書かれているような“睡眠の質”の向上が、日常生活にどのようにかかわってくるのかをお聞かせ願えればと思います。

菅原洋平さん(以下、菅原) 本の最初の章で書いた、“やる気”の部分ですね。“やる気がある状態”を作ったり、“やる気にさせたり”するのに、多くの人は「お給料を上げる」とか「自分にご褒美をあげる」とかそういう方法を考えてしまうのですけど、脳は“適度に覚醒をしている状態”を作らないと、“やる気”にはならないんです。

 睡眠の質というと、とにかくぐっすり眠りたいといわれる方が多いのですが、睡眠の質を高める本来の目的は、起きている時間に何に対してもやる気を持って取り組みたいということだと思います。昼間をいかに充実させるか、という視点から睡眠を見てみると、活用できる機能がたくさんあるので、睡眠の質とやる気を合わせてお話させていただきました。

―― 自分の睡眠が昼間の行動にどれくらいかかわっているのかは、案外分かっていない人が多いのかもしれません。質の高い睡眠をとるにはどう寝たらいいかも、学校などでは教わりませんし。

菅原 そうですね。ほかの先進国では学校で睡眠についての授業がありますし、大学の講座にも睡眠学というのがあるんですけど、日本にはありません。日本の医学部には睡眠科がなかったので、睡眠を系統的に教えられる人材が少なかったんです。

―― 確かに、「睡眠科」は聞いたことがないです。

菅原 睡眠科というのは、たくさんの科をまたぐんですよ。外科の要素もありますし、内科や精神科、耳鼻咽喉科もかかわります。それらを束ねる構造的なものも必要ですしね。そのせいか、日本では現状どの科にとっても睡眠は付属的な扱いになってしまうので、あまり重要視されていません。

 それもあって、患者さんの立場からすると、“眠気がひどくて……”という相談をしても医師からは、いびきとの関連から鼻の機能の話ばかりをされる、というようなチグハグなことが起こってしまいます。

―― 第2章「脳の警告サインをキャッチする」が興味深かったです。本の中では「タンスの角に足をぶつける」「直前までやろうとしていたことを忘れてしまう」ことを脳の覚醒レベルが下がっている兆候として挙げられていましたが、そのほかにもそういったサインがありましたら教えていただければと思います。

菅原 人と話しているときに、顔や首を頻繁に触るのも、脳の覚醒レベルが下がっているサインです。

 会話をするためには脳を強く覚醒させないといけません。脳を覚醒させる物質にヒスタミンというものがあって、睡眠不足の状態で会話をする時はその物質が強く働くので敏感な部分がかゆくなるんです。

 脳がしっかり覚醒していれば、ヒスタミンはそれほど増える必要がないのですが、いつも眠い状態だと普通に会話する場面でもかゆくなるんですよ。だから、誰かと話しているときに顔などを触ってしまうことが起こります。

―― 自分を振り返ってみると、結構触っているかもしれません。

菅原 それと、作業をしているときに“ちょっと集中できないので静かな場所でやってきます”といって席を外すのもサインとして挙げられますね。

 脳の覚醒レベルが高い状態なら、脳の中で上手に周囲の音を遮断できるので、周りで多少音が聞こえても目の前のことに集中できるんですけど、睡眠が不足して覚醒レベルが下がると、聴覚をうまく遮断できなくなって、周りの音が大きく聞こえてしまうんです。

―― 仕事をしていると、どうしても平日は十分に睡眠時間を取れないことがあります。そんな時でも体調を崩さす、集中して仕事に取り組めるようにする方法はあるのでしょうか。

菅原 この本の中で、人間に備わっている3つの生体リズムを解説しています。“メラトニンリズム”という光で調整するリズム、“睡眠―覚醒リズム”という脳のリズム、そして“深部体温リズム”という内臓のリズムの3つです。このうちの内臓のリズムである“深部体温リズム”が、わたしたちの体調を作っているリズムです。

 体調を崩さないという点で言えば、この深部体温リズムがずれないようにするのが一番大切なことです。深部体温とは体の内部の体温のことで、夕方に一番高くて明け方に一番低いリズムがあります。これをずらさなければ不規則な生活をしていても、とりあえずは大丈夫なんです。

―― “深部体温リズム”は体の内部の温度ということですが、食事のタイミングも睡眠と関係してくるのでしょうか。

菅原 食べ物が胃に入ると、内臓の動きが活発になるので温度は上がります。内臓の温度が上がると眠れなくなるので、夜遅く食事を摂ると寝つきが悪く、浅い睡眠になりやすいといえます。

―― “深部体温リズム”を崩さないためにはどういったことが大事になるのでしょうか。

菅原 夕方に寝てしまったり、明け方に起きていたりするのはまずいということです。つまり、夕方は深部体温が上がっていて体がよく動く時間帯なので寝てはダメで、明け方は深部体温が下がり、眠くなる時間帯なので、この時間帯はそのまま下げていないといけません。

 ところが、夕方に寝て、明け方に起きることをすると、このリズムが後ろにずれたり、前にずれたりします。そうすると体調を崩しやすいんです。正確には、深部体温は起床した11時間後に上がって、22時間後に下がるので、たとえ徹夜をしていても前の日に起きた時間の22時間後に15分だけでも寝ることが大事になります。そうすればまた深部体温は上がってきますから。

―― 普段朝7時に起きている人が、ある日突然午前3時に起きて仕事をするのはあまり良くないわけですか?

菅原 そうです。ただ、どうしてもやらなきゃいけないときもあるじゃないですか。そういう時は、3時に起きたとしても、普段の7時起床に合わせて、11時間後の18時に深部体温を上げて、22時間後の5時に下げておけば、リズムはずれません。イレギュラーなことがあっても普段の深部体温リズムをずらさないことが大切になります。

―― それと、仕事をしている人でありがちなのが、平日に睡眠時間を十分取れないから、休日に寝だめするというものですが、これはあまり体に良くないという話を聞きます。

菅原 この本では“内的脱同調(ないてきだつどうちょう)”という言葉で説明しています。これは、体内のリズムが相互に同調せずにずれてしまうことです。体調が悪いときはこの状態になることが多いんですけど、寝だめはこの内的脱同調を引き起こします。

 それと、寝だめには先ほどお話した3つのリズムの中の“睡眠―覚醒リズム”がかかわってきます。これは起床した8時間後と22時間後に眠くなるというリズムです。

 寝だめというのは、平日7時起きの人が休日は10時に起きるようなことだと思うんですけど、これだといつもより3時間遅れて起きているわけで、そうなると“睡眠―覚醒リズム”も3時間遅れてスタートします。

 一方で、“深部体温リズム”は、普段の7時起きのリズムのままです。だから、10時起床の8時間後、18時に眠くなるタイミングがくるのですが、これは普段の起床時間の11時間後ということなので、深部体温が最も上がる時間と重なってしまいます。そうすると、平日活発に動いている時間に、眠くなり、眠ってしまうと上がるはずの深部体温が十分に上がりません。その晩は寝つきが悪くなってしまいます。連休の場合は、翌日の起床がさらに遅くなり、月曜日の朝に急激に早起きをする。これが良くない。

―― 休日でも平日と同じ時間に起きた方がいいんですね。

菅原 これは“メラトニンリズム”にかかわることなのですが、たとえ起きないにしても、普段の起床時間に一度部屋を明るくして光を浴びることで、“ここが1日のスタートです”と脳に教えて、リズムだけは普段と同じ時間に固定することが大事です。それをやってからもう一度寝ればいいわけで。

―― 二度寝するにしても、一度光を浴びれば、“内的脱同調”は起こらない。

菅原 そうです。ただ、深部体温が上がる夕方には眠らないようにしないといけません。それさえ気をつけていれば、普段と違う時間に寝ても影響はないです。いざ二度寝しようとすると明るい中では案外眠れないものですけどね。

―― 昼間の活動が一番うまくいく睡眠時間はあるのでしょうか。

菅原 それはないです。起床した時間の4時間後に眠気がこなければ、睡眠時間が足りているというのが臨床的なサインなので、何時間睡眠であろうが、起床した4時間後にあくびをしていないか、体がだるくなっていないかで判断すればいいと思います。

―― これもよくあると思うのですが、二度寝して遅刻をしてしまう人はどうすればすっきり起きられるのでしょうか。

菅原 二度寝してしまうのは、一度目に目覚めたときに体を起こせないということですよね。本でも書いていますが、これは脳にきちんと光を届けることが大事になります。部屋の中で過ごしていると光が足りないので、なるべく窓の近くに行って、脳に光を届けることが第一です。起きたら、とにかく窓のそばに行くことをやってみるといいと思います。

 これを毎日やっていると、メラトニンリズムがそろってくるので、だんだんと二度寝の時間が減ってくるはずです。

       1|2 次のページへ

Copyright(c) 2017 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる