ニュース
» 2013年05月10日 13時26分 UPDATE

第33回横溝正史ミステリ大賞は伊兼源太郎『アンフォゲッタブル』に

角川書店主催の第33回横溝正史ミステリ大賞選考会が行われ、審査の結果、伊兼源太郎の『アンフォゲッタブル』が受賞した。

[渡辺まりか,ITmedia]

 角川書店主催の第33回横溝正史ミステリ大賞選考会が5月9日ホテルニューオータニ なだ万で行われ、審査の結果、伊兼源太郎(いがね げんたろう)さんの『アンフォゲッタブル』が受賞した。贈賞式・祝賀会は、11月29日、東京會舘で開催される。

 同氏の作品は過去に松本清張賞や江戸川乱歩賞の最終候補にも数度ノミネートされていたが、辛くも受賞を逃していた。

 横溝正史ミステリ大賞は1980年(昭和55年)に始まり、400字詰め原稿用紙350枚〜800枚の作品が対象となる。今回の応募数は198作品だった。最終選考に残っていた作品は以下の通り。

著者 ノミネート作品
伊兼源太郎 アンフォゲッタブル
上田未来 ポーカーフェイス
村上 暢 天国への階段
中川裕之 殺し屋たちの日常と、とある女の非日常
田内亮祐 ディストピア
第33回横溝正史ミステリ大賞最終選考作品

 受賞者には金田一耕助像と賞金400万円が授与され、作品は9月末、角川書店から単行本として刊行予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる