ニュース
» 2013年04月25日 22時00分 UPDATE

文藝春秋、初の電子小説誌『つんどく!』創刊

文藝春秋が初の電子小説誌『つんどく!』を創刊。電子書籍端末を指で「つんつん」しながら空き時間で手軽に読める冊子となっており、今回は「ミステリー2013」「新人発掘プロジェクト 第1期全員競作!」を特集する。

[ITmedia]

 文藝春秋は、電子小説誌『つんどく!』を4月26日に創刊した。価格は850円。

Photo 電子小説誌『つんどく!』表紙
Photo イメージキャラ「つんつん」

 本誌は紙の雑誌を電子化したものではなく、文藝春秋初となるボーンデジタルの雑誌として発行。従来の小説読者だけでなく、スマートフォン/タブレットユーザーが手軽に指で「つんつん」して楽しめるものを提案するという。

 創刊号では「ミステリー2013」「新人発掘プロジェクト 第1期全員競作!」という2大特集を掲げ、人気作家の東川篤哉氏、有栖川有栖氏、歌野晶午氏、貫井徳郎氏などによる読みきり小説/コミックエッセイを17作品掲載。また、若い才能を発掘して育てるための公募企画から、20代女性作家の大胆な官能小説、現役高校生作家による青春小説などを採用している。

 販売はKindleストア、iBookstore、楽天kobo、紀伊国屋書店、BookLive! honto、Reader Storeなど主要な電子書店で行う。なお、当面の間は不定期刊行とし、今年度中にさらに1冊、来年度は4冊を刊行予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる